Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BeYM6e0CEAIHul3.jpg
前半は不甲斐ない戦いを見せるも、最終的には2-0の勝利をイーグルス戦で飾ったトッテナム。調子は昇り調子でここ5試合4勝1分で負けなしという好成績。そのうち4試合が複数得点と、課題であった得点力不足も徐々に改善されつつある。今回の一戦はリバティ・スタジアムでのスウォンジー。スパーズはスワンズ相手にプレミアでは負けなしと対戦成績ではこちらに分がある。前回の対戦ではソルダードのPKで辛勝。そのスワンズはここ9試合1勝3分5敗と絶不調の真っ只中。フォルム、デ・グズマン、ミチュ、ダイアー、パブロ・ヘルナンデスと主力に怪我人が続出。ELとの二足の草鞋も影響しているのだろう。そんな相手に取りこぼしは避けたいところ。相手のパスサッカーを封じ、自分たちのフットボールを展開していきたいところだ。
myboard_201401201857244b5.jpg
イーグルス戦からの変更は2か所。これまで2トップを続けていたシャーウッドだが、この一戦ではアデバヨールの1トップを選択。トップ下にエリクセンが入り、左サイドにはシャドリ。復帰濃厚と言われていたタウンゼントのベンチ入りは叶わなかったものの、シグルズソンが復帰。シャーウッドお気に入りのベンタレブはこの日も先発起用となり、負傷が懸念されていたウォーカーも先発入りとなった。スワンズのパスサッカーは誰もが認める美しいものだが、相手の良さを消し去ることはできるのだろうか。新政権初の1トップにも注目だ。

美しきクロスボール
穏やかな立ち上がりとなった試合だが、どちらかというとスウォンジーが優勢だったか。シェルビーとボニーを中心にハラハラさせる場面も何度か見られた。ただ、スワンズは繋いでくるもののそれほど怖さはなく、小さなズレやパスミスが目立ち、スパーズにもビッグチャンスになりそうな場面もあった。しかし、最初のチャンスはスウォンジー。シェルビーが強烈なミドルを放つとロリスがグッドセーブで弾く。直後にボニーもミドルを放つが枠を外れる。そして、24分には圧巻の場面。ボニーのRPG弾がターゲット目がけて一直線。クロスバーに阻まれたが、それを木っ端微塵するのではないかというぐらいの破壊力。「ボニー、スパーズに来ないか?」そんな一声をかけたくなる超ド級のミドルシュートだった。
62003_10152187326549940_2134182053_n.jpgswansea-city-v-tottenham-hotspur-20140119-141840-402.jpgarticle-2541398-1ACC956400000578-11_634x377.jpg
ここまではスワンズが3点ぐらい取っていそうな展開。もちろんボニーには手を焼いていたが、私はシェルビーの方が嫌だった。もちろん前者も反則やよw私がCBなら「マッチアップは勘弁して下さい」と直訴するだろうね。しかし、後者がボールを持つと何かやりそうな雰囲気が出ていたし、嫌らしさが伝わってきた。彼をフリーで持たすと結構な確率でピンチを招きそうだった。そんなスパーズだったが、1チャンスを物にする。34分、エリクセンがワンタッチで良質なクロスを入れると、それ目がけてシャドリとアデバヨールが突進。最後はアデバヨールがヘッダーでねじ込みスパーズが先制に成功する。
_72380954_tottenham-adebayorafp.jpg1390141154003_lc_galleryImage_Tottenham_Hotspur_s_Emman.jpg1390144700896_lc_galleryImage_Football_Swansea_City_v_T.jpg
いやぁ、エリクセン。ここ最近は大活躍やね。ようやく本領発揮といったところだろうか。監督交代が転機となったのかは分からないが、気持ち良さそうにプレーしている。左足のひょろひょろシュートにはなってしまったが、その前の足技は超ラブリ~。先制してからはスパーズが攻勢に出る。シャドリとアデバヨールの決定機など、前半30分以降はスパーズが3点ぐらい取ってもおかしくはない逆の展開になっていった。そして1-0で前半終了。

3得点で4連勝!
後半もまぁスパーズのペースで進んでいたと思う。前半はそこまでプレスをかけていなかったが、先制してから積極的に行っていた感じ。後半もボールを持った選手にアタックして、前を向かせない効果的な守備だった。そしてスパーズに朗報。ここまで手を焼いていたシェルビーがハムちゃん?を痛めて交代。するとその直後、ドーソンの似合わない絶妙なスルーパスに抜け出したウォーカーがそのままクロスをいれると、それがチコに当たりオウンゴールとなる。スパーズは思わぬ形で追加点をゲット。非常に良い時間帯での得点だった。
article-2541398-1ACD94D700000578-480_634x415.jpgswansea-city-v-tottenham-hotspur-20140119-154300-230.jpgarticle-2541398-1ACD967700000578-998_634x422.jpg
再びスパーズに追加点の大チャンス到来。中盤でのパス交換からデンベレが抜け出しそのままシュートするも枠を外れる。アデバヨールの大激怒は今でも忘れられない。しかしその直後、カウンターから3点目が生まれる。シグルズソン→エリクセン→駆け上がるローズ→フリーのアデバヨールが冷静に流し込み勝負ありの追加点。その後、ボニーの得点でクリーンシートは叶わなかったものの、この勝利で何と4連勝。相手が不調だったが、それにお付き合いせずにきっちり勝利できたことは非常に喜ばしい限りだ。
Swansea-City-v-Tottenham-Hotspur-Premier-League-3038738.jpgarticle-2541398-1ACDB48100000578-747_634x501.jpgEmmanuel-Adebayor-Tottenham.jpg
article-2541398-1ACDD28E00000578-181_634x422.jpg2014-01-19T142321Z_877781771_GM1EA1J1Q3T01_RTRMADP_3_SOCCER-ENGLAND.jpgarticle-2542201-1ACDF66B00000578-900_634x515.jpg

アウェイの強さは本物
この試合の勝利でアウェイでの戦績が8勝1分2敗。これはアーセナルと並びリーグトップ。ここで、過去11シーズンのアウェイでの戦績を振り返ってみたい。
03-04 4勝2分13敗
04-05 5勝5分9敗
05-06 6勝6分7敗
06-07 5勝6分8敗
07-08 3勝8分8敗
08-09 4勝4分11敗
09-10 7勝5分7敗
10-11 7勝5分7敗
11-12 7勝6分6敗
12-13 10勝4分5敗
13-14 8勝1分2敗
際立って悪いのが03-04と08-09シーズン。際立って良いのが昨シーズン。09-10シーズンから徐々に改善され始め今に至る。今シーズンに限って言うと、この調子を続ければ昨年を大きく上回る戦績になり得ることもあるだろう。アウェイでこんだけポイントを稼げると楽やね。まぁ、ホームが要塞となっていないのでこの順位に位置していると思う。今回のスワンズ戦でも、相手の良いところを消し去り自分たちはワンチャンスを物にする。アウェイらしい戦いではないか。しかも、アウェイで5連勝。強っ!ホームで圧倒的な強さを誇ることができれば、優勝争いも絡めるような気もするんやけどなぁ~。

2014-01-19T140030Z_1829838932_GM1EA1J1P1R01_RTRMADP_3_SOCCER-ENGLAND.jpgarticle-2541398-1ACD81D500000578-662_634x419.jpg2014-01-19T135855Z_301044869_GM1EA1J1OXQ01_RTRMADP_3_SOCCER-ENGLAND.jpg

まだまだ信用できぬ!
これでシャーウッド体制になってから5勝1分負けなしの4連勝。2トップの復活。アデバヨールの覚醒。ベンタレブの発見など今は良い方に事は転がっている。しかし、今回の失点もそうだがいつも勿体ないし、失点の仕方が悪い。これは以前から変わっていない。まぁ、失点は何らかのミスが絡んでるもんやけどね。集中を欠くと必ずやられるってのが痛いところ。ここは要修正。ポジティブな要素もたくさんあるが、自分が感じているのは、監督交代という強力な抗生剤が今は効力をいかんなく発揮している状態。それが切れ始めた時、再び病気となるのか踏ん張ることができるのか。そこはシャーウッドの手腕でもある。その時を見てみたい気もするが、できるなら来てほしくはない。当然やけどね。よし!今は勝利を喜ぼう。次節はマンチェスター・シティ戦。0-6で負けた借りを返す絶好のタイミングではないか。
article-2541398-1ACC9FF200000578-267_634x410.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
279位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。