上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、昨日は昇格争いについて書きましたが、今回は降格争いについてです。
チャンピオンシップには24チームが所属しており、最終順位で22位・23位・24位の
チームがリーグ1への自動降格が決定してしまいます。
現時点でリーグ1への降格の可能性がある6チームをまとめてみました。

704.png
 31pts

236.png
 31pts

522.png
 28pts

298.png
 25pts

571.png
 25pts

397.png
 24pts

現在のところ降格の可能性があるのは19位~24位までの上記の6チーム。
18位のピーターボロは37ptsなので今回は除外します。

さて現在31ptsで19位のミルウォール。話は逸れるが、ニュー・デンで試合が開催される時には
サポーターが歌いながら我が家の前をズタズタと通り過ぎて行く。これがちょっと恐ろしい。
シーズン序盤は上位に位置していたが、その調子も続かずに下降線を辿る一方。
戦力を見ても納得か。サポーターは熱いだけに、ここは一体となって残留を目指して欲しい。

20位にはミルウォールと同勝点のブリストル・シティ。07-08シーズンにプレミア昇格まで
あと一歩だったがプレーオフに敗れてそのチャンスを逃す。それ以降、チャンピオンシップの
中位が指定席となった感が歪めない。そして今シーズンはまさかの降格争いに巻き込まれる羽目に。
情報がないので何とも言えないが残留の希望はまだまだある。

21位にはノッティンガム・フォレスト。個人的にチャンピオンシップでは一番好きなチームなので
これにはショックを隠しきれない。昨シーズン、一昨シーズンとプレーオフで敗れてプレミア昇格を
逃してしまう。これも大きなショックだった。これからも厳しい戦いが続くと思うが、是非とも残留を
勝ち取って来シーズンはプレミア昇格を目指してほしい。

22位にはポーツマス。本来なら勝点は35pts。しかし再び破産したために-10ptsのペナルティが
課されてしまった。かつては買収されてプチ黄金期を迎えるかとサポーターは期待したが全くの逆で、
地獄の果てまで突き落とされたに違いない。実績は十分なだけに巻き返しを図りたいところだ。

23位にはチャンピオンシップの常連であるコベントリー。毎シーズン、昇格&降格争いには加担せず
平凡なシーズンを送っていたが今シーズンはウカウカしていられない。リコー・アレーナという立派な
スタジアムがあるだけに頑張ってほしい。

最下位にはドンカスター・ローバーズ。情報が全くないのでチーム状況は不明である。3年前にリーグ1
から昇格してそこそこの成績を残してきたが、今シーズンは苦しい状況が続いている。最下位とはいえ
19位までは7pts。残留ラインの21位まで4ptsと全く悲観することはない。気持ちを切らさずに
執念で残留を勝ち取りたいところだ。

すんません。各チーム情報が少ないので詳しくは書けませんでした。
現時点ではどこが降格するとは全く言えない状況ですね。あえて降格を予想すると(自分の勝手な判断)
筆頭候補はドンカスター。続いてポンペイ、ミルウォールといったとこでしょうか。
予想するのは早すぎだとは思いますが、この順位が終盤戦でどういった状況になっているか
注目しておくのも楽しみの1つにしておくといいかもですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
361位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。