上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて今回はリーグ1。みなさんほとんど馴染みはないと思いますが・・・
リーグ1はチャンピオンシップの下のカテゴリとなります。
上記リーグ同様に、1,2位が自動昇格。3~6位のチームがプレーオフとなります。
現在のリーグテーブルがこちらです。

154.png
69pts

444.png
62pts

376.png
57pts

422.png
55pts

423.png
55pts

410.png
48pts

首位を走るのはプレミアでもお馴染みのチャールトン・アスレティック。
プレミア好きなら誰でもご存知のことであろう。00-01シーズンに昇格し
06-07シーズンまでプレミアに所属。降格してからも低迷を続けてリーグ1へ降格。
実力・実績共にリーグNo1だけに確実に昇格を掴みたいところだ。

首位チャールトンを追走するのはシェフィールドutd。06-07シーズンにプレミア昇格を
果たすも1年で降格。チャールトンと同じ道を辿ってしまう。プレミア時代も面白いチーム
だっただけにここからの巻き返しを図りたい。

3位に位置するのは我らのシェフィールド・ウェンズデー(*´∀`*)
実はこの俺、スパーズの次に応援しているのがこのウェンズデー。
一度でいいからヒルズボロに行ってみたい。チャンピオンシップから降格した時は本当に
悲しかった。イングランドでは古豪と言われているので是非とも復活して欲しい!

4位はハダーズフィールド。情報は全くありません。知っている選手を挙げれば今注目の
ジョーダン・ローズ君だけ。創設年は1908年となかなか歴史のあるチームだ。
ホームスタジアムのガルファースタジアムは収容人数24500人と立派である。

5位はMKドンズ。実はこのチーム、前身はウィンブルドンFCである。マニアックな人は
知っていると思う。2004年にWFCが解散してMKドンズとなった。

6位はスパーズサポなら誰でもご存知のスティーブネイジ・ボロ。
創設年は1976年と新しいクラブチームである。どんなサッカーをするかは
前回のFAカップでお分かりだと思う。全く情報がありません。

昇格の一番手は間違いなくチャールトン。2位でウェンズデーに来て欲しいが現状では
シェフィールドutdの方が有利か。自動昇格圏内は1~5位のチームで争われるだろう。
問題はプレーオフ圏内の6位争い。今回は除外したが7位に46ptsでカーライル、
8位に44ptsでボーンマス、9位に43ptsでブレントフォードとノッツ・カウンティと
続いている。6~9位までたったの5pts。ここは最後まで混戦状態が続くであろう。

どんなチームがチャンピオンシップで見られるか非常に楽しみです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
354位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。