上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回は小・中規模クラブの主要大会出場について考えてみたいと思う。
近年、トッテナムの実力は格段に伸びてきているのは間違いない。
ここ最近はほとんど全てのシーズンで欧州主要大会に参加をしている。
しかし、嬉しさ半面、小・中規模クラブにとって思いがけないトラブルを引き起こすこともある。
スパーズもこれに苦しめられた時期もあった。
ここからは、CL、EL(UC)に出場したクラブチームとその後を書いていきたいと思う。

407.png
  フルアム

08-09シーズンに7位という好成績を達成しEL出場権を獲得。
毎シーズン降格争いをしていたクラブだったが大きなサプライズだった。
あの選手層でプレミアとの2足の草鞋、いや、4足の草鞋をこなしていけるのか不安は大きかった。
しかしフタを開けてみたらどうだろう。リーグでの成績は安定しないながらも
ELの舞台では破竹の快進撃を繰り広げる。何と決勝まで進出したのである。
惜しくもアトレティコ・マドリーに優勝は受け渡すが、ELを盛り上げてくれたのは間違いないだろう。
このシーズンのリーグは12位で終了。そして昨シーズンは8位ながらもフェアプレー枠で再び
EL出場権を獲得。惜しくもグループステージで敗退したが、プレミアでの成績が安定していなかった
ことを考えると彼らにとってはプラスだったではないだろうか。

229.png
  エバートン

慢性的な財政難で毎シーズン思うような補強ができないながらも、プレミアでは必ず上位に顔を出す
存在のエバートン。このチームには本当に感心させられる。高望みはできないが、金がなくとも
強くなれるということを証明してくれている。04-05シーズンに4位という好成績を残し
CL出場権を獲得。順風満帆に見えたが地獄の始まりだった。本戦出場をかけたビジャレアルとの
プレーオフ。少し相手が悪かったがまさかの敗退。そのショックが大きかったのかプレミアでは
大ブレーキ。最終的に11位でフィニッシュ。カップ戦との兼ね合いの難しさを痛感しただろう。

157.png
  イプスウィッチ

みなさんは覚えているだろうか?降格筆頭候補だった弱小クラブの快進撃を。
そう、その名はイプスウィッチ。誰もが降格を予想したが何と5位フィニッシュという偉業を成し遂げた。
ミラクル・イプスウィッチはUC出場権を獲得。そのシーズン、そして翌シーズンのさらなる躍進を
サポーターは期待したことだろう。その期待に応えるイプスウィッチはUCで3回戦まで進出。
インテルに敗れて敗退となったがこれまた旋風を巻き起こした。しかし、リーグを見るとまさかの低迷。
常に降格の2文字が漂いながらの苦しいシーズンとなってしまう。そして恐れていた降格を喫してしまう。

1199.png
  ヘタフェ

04-05シーズンに昇格、それ以降、毎シーズン順位のほとんどを中位で終えているヘタフェ。
06-07シーズンにはUC出場権を獲得。準決勝進出をかけたバイエルン戦。善戦したものの
ベスト8で敗退。あと一歩で進出を逃してしまった。中というより小規模クラブだが、そのシーズンの
リーグ戦は14位でフィニッシュ。降格の恐怖と戦いながら見事に残留を勝ち取った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
354位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。