上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
239006472.jpg

630.png
ピーターボロ・ユナイテッド


創 立 : 1934年
ホーム : London Road Stadium


昨シーズン、チャンピオンシップに昇格し、降格筆頭候補に挙げられながらも18位フィニッシュと周囲の期待を良い意味で裏切ったピーターボロ。何といっても彼らの自慢は攻撃陣だ。順位は下位ながらも67得点を叩き出した。中盤のトムリンを軸にどこからでもゴールが奪える攻撃陣は相手にとって脅威になるだろう。問題はリーグワースト3の守備陣だ。77失点はリーグ1に降格したポーツマスよりも18点多い。ここを改善できなければ上位進出どころか残留争いに巻き込まれる恐れがある。相対するチームも攻撃陣を警戒してくるはずで、昨シーズンと同じぐらいの破壊力を発揮できれば望みを持つことができるが。

Key Player : DFザクアニ MFトムリン FWバーネット
予想 : 下位



5670930940_47518be664_z.jpg

376.png
シェフィールド・ウェンズデー


創 立 : 1867年
ホーム : Hillsborough


今シーズンよりチャンピオンシップに戻ってきたシェフィールド・ウェンズデー。ここはファン目線なしでプレビューしていきたい。昇格1年でプレミア昇格を目指すウェンズデーは大補強を執行。即戦力を総勢11名獲得した。バルセロナBから獲得に成功したFWロドリは注目に値する選手だ。攻撃陣に関してはチャンピオンシップでも十分に通用する陣容が揃ったが、守備陣に関しては問題がある。GKカークランドの獲得は非常に心強いが、DFガードナーは怪我をしやすく、コンビを組むレッラは機動力に欠ける。ここにもう1枚、有能なCBを補強できれば安定感は増すはずだ。中盤のキーマンに成長したセメドを筆頭に、両翼にはJ・ジョンソンとアントニオという快足コンビが健在だ。しかし、チャンピオンシップは甘くない。守備から崩れていけば間違いなく降格もあり得るし、下位でのフィニッシュもあり得る。戦力的には魅力のあるスカッドが揃ったが、やはり目標は残留。あわよくば中位で終えて翌シーズンへの弾みになれば良いのではないか。

Key Player : DFレッラ MFセメド FWオグラディ、ロドリ
予想 : 下位
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
371位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。