上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1854001_w1.jpg

Group A

75050_20120901105337.png 
 アンジ・マハチカラ


50031.png
 ヤングボーイズ


7889_20120901105752.png
 リバプール


51310.png
 ウディネーゼ




Group B

64232.png
 アカデミカ・コインブラ


59869_20120901111120.png
 ハポエル・テルアビブ


50124_20120901111219.png
 アトレティコ・マドリッド


64388.png
 ヴィクトリア・プルゼニ




Group C

52748_20120901111541.png
 マルセイユ


52800.png
 リマソール


52757.png
 ボルシアMG


52692.png
 フェネルバフチェ




Group D


50043.png
 クラブ・ブルージュ


53013_20120901112256.png
 マリティモ


59324_20120901112341.png
 ニューカッスル


50127_20120901112433.png
 ボルドー




まずはグループAの展望から。ここはかなりの曲者が揃った感じですね。名前だけでいくとリバプールが‘本命’なのかもしれませんが相対するのは各国の強豪ばかり。ウディネーゼは優勝候補に挙げたいぐらい強力なスカッドを持ち合わせているし、アンジもエトーを筆頭に実力者揃い。当然ロシア遠征もリバプールにとってはマイナスですね。そして、僕的にこのグループのカギを握っていると思うヤングボーイズの存在。スパーズファンの方たちは当然覚えていると思いますが、CLプレーオフ第1戦のスタッド・ドゥ・スイスでの戦い。あの人工芝には本当に苦戦させられました。もちろんそれだけではありません。選手も小粒ながら、ボバディージャやシルバーバウアーなど嫌な選手も多数所属。彼らの躍進次第ではGS通過もあり得ると思います。

続いてグループB。間違いなく本命はA・マドリー。残り1枠はどっこいどっこいでしょうか。経験からいくとハポエル・テルアビブ。アカデミカ、プルゼニは若干不利かもしれないですが、ここは全く予想付かずです。というか情報がナッシング。

グループCは混戦状態が予想されます。マルセイユ、ボルシアMG、フェネルバフチェ、この3チームからGS通過が決まると思いますが、プルゼニも舐めちゃいかんよ。リーグでも好調のマルセイユがこのグループを引っ張っていく存在となりますがこのグループも強豪揃い。グループA同様に、リマソール次第では前途3チームもうかうかしていられません。

グループDは本命ニューカッスルだと思いますが、ポイントは彼らがELにどこまで本気で参戦してくるかということ。プライオリティをプレミアに置いてくるならばGS敗退も十分にあり得ると思います。他の相手を見ても簡単に勝てるチームは1つもありません。ニューカッスルにとって良かったのは短距離遠征ということ。とはいえ、他3チームのアウェイでの戦いはどれもタフなものですが。ボルドーは近年の低迷を払拭するためにもELは重要視していると思います。マリティモ、ブルージュも同じ考えだと思いますね。ニューカッスルがだめなら、ボルドーが本命。ブルージュ、マリティモの躍進も期待したいです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
267位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。