上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
article_3cf99132b707c661_1348420245_9j-4aaqsk.jpg
開幕から4試合を消化して、前節アウェイのレディング戦で初勝利を収めたトッテナム。しかし、未だにホームでは未勝利で完全に流れに乗ったとは言い切れない。バギーズ戦、ノリッジ戦共に3ポイントを目の前にしながらも、終了間際の失点でホームでは2試合連続のドローとなっていた。ホワイトハートレーンを要塞化するためにも、このQPR戦は勝利が絶対条件だった。スパーズはロンドン勢を相手にトップの成績を叩き出していることから、「余裕で勝利できるのではないか」という心境も大きかった。ただし相手は豪華な補強を行ったQPR。少なからず苦戦も予想されたがまさにその通りとなってしまった。
myboard_20120924194602.png
エコトの負傷により左サイドバックでの起用となっていたノートンが、ELラツィオ戦で負傷。これにより左サイドバックに入ったのはベイル。そのベイルのポジションにはデンプシーが任された4-2-3-1であった。久しぶりにサイドバックとしてのベイルが見られるということでかなりのワクワク感があったし、そこからのチャンスメイクも大いに期待していた。アデはハムストリングの負傷で離脱中。よって絶好調のデフォーが1トップを引き続き任されることになった。

まさかの大苦戦
まずチャンスを作ったのはトッテナム。レノンのドリブルからデフォーへのクロスが入る。デフォーのシュートはミスキックになったものの、こぼれ球に詰めようとしたシグルズソンが倒されたように見えた。ファン目線で言えばPKであってほしかった。リプレイを見ると何とも微妙。というよりPKではないかも。試合もキックオフから間もない時間帯だった。結局PKはもらえずノーファールという判定に。その後はボールを前線に運ぼうとするものの、どこか覇気が感じられない時間帯が続いたように思う。しかしそれは、自分としては想定内。ELラツィオ戦から中2日。しかも、先発陣もほぼ同じメンバーだった。どうなんだろう?試合前のミーティングで、「そこまで激しくいかなくてもいい」という指示でも出ていたのだろうか。そんな感じのプレーっぷりだったように見て取れた。それだけが原因ではない。QPRの中盤の2人、グラネロとファウルリンの健闘がスパーズらしさをことごとく潰していた。このコンビは思いのほか機能していて粘り強い守備を見せていた。スペースを見出すことのできないスパーズは本来の姿ではなかった。
Esteban+Granero+Tottenham+Hotspur+v+Queens+hzxgcIDcoAcl.jpgarticle-2207556-152A2E93000005DC-203_634x380.jpg14638830.jpg

健闘するQPR
10分ぐらいまではそこそこの試合運びを見せていたスパーズ。だが、徐々にQPRがチャンスを作っていく。作っていったことは確かだが、スパーズはあまりにも多くのミスを犯していた。単純なパスミスやボールロスト。それらを的確に繋ぎQPRはポゼッションを深めていった。決定的な場面も多く何度も脅かすシーンもあったが、フェルトンゲンやサンドロの粘り強い守備で失点を許さないスパーズ。そして、フリーデルの2度のスーパーセーブを見逃すわけにはいかない。コーナーからヒルの強烈なヘッダーと13分のホイレットのボレーを止めた場面だ。2つとも素晴らしい反応を見せて、いつも通りにチームの危機を救うフリーデルの姿は堂々たるものだった。そんな彼らの健闘もむなしく、32分についに失点してしまう。コーナーからのボールを一度は弾き返すものの、ライト・フィリップスがキープをしてこぼれ球がファウルリンの元へ。シュート体勢に入った彼にスパーズの選手が3人引きつられたところをスルーパスに。そのボールがザモラへと渡りゴールを決める。まぁ、取られるべくして取られた先制点。でもスパーズの守備は問題で、3人引き付けられたことでPA内にスペースがポッカリ。まずい対応となってしまったが、それを見逃さなかったファウルリンを褒めないわけにはいかない。
article-2207366-152A1866000005DC-314_634x338.jpgarticle-2207366-1529FB89000005DC-735_634x332.jpgarticle-2207366-152A0364000005DC-352_634x406.jpg
14638471.jpgarticle-2207839-152A6FD6000005DC-465_468x286.jpgarticle-2207754-150C52FD000005DC-95_468x371.jpg

機能しなかった左サイド
負傷離脱中のエコト、ノートンの左サイドバックに入ったのがベイルだった。現在は左のウィングを任されているが、この日に限っては以前の‘本職’に戻ってきた。試合前は「あの爽快なオーバーラップが見られる!」と期待も大きかった。しかし、そんなお望みのシーンは前半終了間際まで見ることができなかった。残念ながら期待は完全に裏切られてしまった。ただし、ベイルをこのポジションで起用するのは反対ではないし、LSBが2人とも負傷離脱で入らずを得なかった。その前でプレーするデンプシーとのコンビも恐らく初めてだったはずだ。彼との効果的なパス交換もなかったと記憶している。そして、ベイルの良さをかき消したのはQPRの選手たちだ。右サイドからの攻撃が多く、ベイルを上げさせなかったことが最大の原因、という単純明確な理由だ。今後もこういったシチュエーションがあるかもしれない。そんな時どうやって崩していくのか。これから連係が深まっていくことを期待して温かく見守っていきたい。
613x.jpg2274440743.jpg

吉と出た交代劇
後半頭からシグルズソンに代えてコールカーを投入。そのコールカーがCBに入り、フェルトンゲンがLSBへ。そのポジションだったベイルを1枚上げた。デンプシーはどうだったのかが分からないが、一応デフォーとの2トップを組むことになったとしておく。まず、前半は影の薄かったデンプシーだがポジションを中に移したことで格段にプレーの幅が広まった印象だ。強烈なミドルがあったりとよくボールに絡んでいた。中盤にまで戻りボールをもらいに来る姿も何度か見られたので、比較的自由にプレーをさせる(トップ下?)指示が出ていたのかもしれない。この交代を決断し、システムを変更したビラス・ボアスも褒めたいと思う。単に攻めたいという理由だけの交代ではなく、それなりに機能していたからだ。コールカーを投入したことで‘高さ’も1枚加わった。これらの交代の効果は徐々に表れていくことになる。そして59分、ついにスパーズは追いつくことになる。左サイドからのコーナーキックからコールカーがヘッド。そのボールがファウルリンに当たりオウンゴール。幸運な形で同点弾が決まる。
article-2207366-152A133B000005DC-808_634x417.jpgAlejandro-Faurlin.jpg

脅威のカウンターが炸裂
同点弾からの2分後にスパーズは逆転に成功する。スパーズの自陣深いところでデンベレがプレスをかける→サンドロがボールを奪いフェルトンゲンへパス→フェルトンゲンが前線に運び並走するベイルへパス→ベイルがシュートを放つがジュリオ・セーザルがファインセーブ→バーに当たって跳ね返ってきたボールをデフォーが押し込み逆転。至ってシンプルだが、かなり驚異的な攻撃だと感じた。その後も追加点を狙うスパーズに対して、同点を狙うQPRが攻め合いを展開する。そんな手に汗握る好ゲームだったが2-1でスパーズが勝利。そして、ホームでの嬉しい初勝利となった。
660x0.jpghi-res-152631522_crop_650x440.jpgJermain-Defore-celebrates-008.jpg

深まるコンビネーション
前節レディング戦でも褒め称えた中盤の2人、デンベレ&サンドロのコンビだ。前半は過密日程の中でのプレーということで少々動きが鈍いように見えた。それでも随所に効果的な攻守を見せるこの2人。役割分担もきちんとされており安心感も与えてくれた。サンドロはパスミスこそ多いものの自慢の守備で存在感を発揮。疲れは見えていたがいつも通りの好パフォーマンスだった。そして、レディング戦、ラツィオ戦、QPR戦を通して分かったことはデンベレの守備能力もハイレベルだということ。逆転弾は彼の守備からだったし‘ファールをしないボール奪取’を披露した。一番の印象は体の使い方(入れ方)が非常に上手。相手の前に入り込むタイミングも最高だからファールも少ない。前を向いて攻撃に向かう姿勢も相変わらず素晴らしかった。パーカーやリバモアが不在の中、この2人はスパーズの欠かせない存在となっている。
1706419_full-lnd.jpgSandro+Tottenham+Hotspur+v+Queens+Park+Rangers+2JULc4v3NlKl.jpg

デンプシーの起用法
この試合では左サイドで起用されたデンプシー。前半戦の彼はほとんど存在感を発揮できずに不甲斐ないと感じていたはずだ。前途触れたが、縦の関係でベイルとコンビを組んだがほとんど絡みはなかった。QPRがさせなかったと言ったほうがいいかもしれないが。シュートもなかったと思うしワクワクさせるものなかった。後半からはポジションを中に移行させたことで(2トップorトップ下)シュートレンジも格段に広がり攻撃にも絡んでいた。本来ならこれがデンプシーの真の姿だと思う。得点能力を兼ね備え、エリア内で勝負することで決定的なチャンスを作り出すこともできる。この1試合だけで「デンプシーを左サイドでの起用をさせるべきではない」と決めつけるのはよくないし、周りとのコンビも未完成。しかし彼の能力を考えると、ストライカーもしくはトップ下で本領を発揮するのではないかと思う。素晴らしい選手であることは間違いないし、攻撃的なポジションならどこでも起用できるのはありがたい。それを踏まえて、どのポジションでも好パフォーマンスが発揮できればスパーズも勢いに乗っていくと感じている。
3855795362.jpgTottenhamHotspurvQPRSep12_large.jpg

これからの課題
まだまだチームとして未完成のトッテナム。試合毎によくなってきていると思うが、課題もたくさんある。怪我人が出た時に、その代わりの選手がいかにハイレベルなプレーをして貢献できるか。過密日程の中、フレッシュな選手がそんなプレーを見せられるかも重要なことだ。そして、戦い方を明確にしていくことも大切。QPR戦ではカウンターが驚異的ということが証明された。果たしてこれがビラス・ボアスが目指すフットボールなのか。パスを繋いでポゼッションを重視してシュートまで持っていくのか。様々な攻撃オプションがあるのは全く悪いことではない。この試合ではカウンターが冴えわたりチャンスも多く作り出していた。これを活かしていきながらも、ポゼッションを重視してパスサッカーを確立していくと、スパーズらしさが十分に詰まったフットボールが見られることと思う。今はチーム作りの最中ということを踏まえ、たとえ悪い結果となってしまってもそこはグッとこらえて完成を待ちたいと感じている。
article-2207366-152A4411000005DC-372_306x423.jpgarticle-2207366-152A4417000005DC-291_306x423.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
316位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。