上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はマッチレポばかりの記事になっていたので、少し視点を変えてスパーズを分析したいと思います。
今回は「スパーズの選手層」にスポット当てていきたいと考えています。そこまで深く考えず、率直な僕の意見を書いていきます。そうそう、ユナイテッド戦のマッチレポのコメントに投稿してくれた「がなおさん」。この記事は決してがなおさんのコメントを批判するものでは(返信はしましたが)全くありませんし、以前から企画していた記事となります。誤解なさらぬようお願いします。


GK部門
まずはゴールキーパーから。スパーズには現在4人のゴールキーパーが在籍している。フリーデル、ロリス、クディチーニ、ゴメスといった超豪華なメンバーだ。現時点ではフリーデルが守護神の座を断固たるものとしている。

彼が不調に陥った(あまり考えられないが)または怪我をした場合、恐らくロリスが代役を務めることとなるだろう。ロリスは実力・名声ともに確かなものがあるがプレミアでは未知数であり、彼が馴染めない場合はクディチーニが務めることとなると思われる。いずれはロリスが正守護神に任命されることはほぼ間違いないと思っているが、よっぽどのことがない限りフリーデルの牙城は崩せないだろう。

もちろんフリーデルが負傷離脱なんていうことは考えたくもないが、それとは裏腹に早くロリスのプレミアデビューが見たいという思いは隠しきれない。ロリスに関しては、当分の間はカップ戦orヨーロッパリーグが主戦場となる。GKに関しては全員がハイレベルの域にあるのでそれほど悲観的な考えは持っていない。

Brad+Friedel+Tottenham+Hotspur+v+Blackburn+c4lHqLOx7kpl.jpg_63069537_hugo_lloris_getty.jpgarticle-1210339-0627E4E9000005DC-920_468x495.jpg

SB部門
開幕から両サイドバックは右にウォーカー、左にエコトと変わりはないが、そのエコトが負傷により離脱となっている。よって、そのポジションにはフェルトンゲンが起用されている。ローズをサンダーランド(ローン)に放出したことで、僕にとって‘エコトの代役’というのが今年の懸念事項の1つだった。

早速その懸念が当たってしまった格好になったが、それほど重大な問題ではなかったことが徐々に証明されてきた感じがする。エコト離脱後の最初の試合、QPR戦ではベイルが(前半のみ)起用されたが機能しなかった。それについての意見はQPR戦のマッチレポを参照してほしい。後半からはフェルトンゲンがLSBでベイルが左ウィングとなった。この采配が大当たりで、ユナイテッド戦でも見せたカウンターが猛威を奮った。守備面で一抹の不安を抱えるが、エコトが復帰するまでこの形で進めることになると考えている。

ウォーカーが離脱した場合はどうなるのだろうか?カブールの攻撃力は魅力だが守備面を考えると不安になる。無論、ウォーカーの守備も決して褒められるものではない(汗)。ただし、カブールも長期離脱中でコマ不足は否めない。しかし、昨シーズンはノリッジで活躍し、修行から戻ってきたノートンが控えているのは大きい。トッテナムでは1年生だが堅実なプレーっぷりはウォーカーよりも安心して見ていられるのが正直なところだ。彼の存在がウォーカーの立場を危うくさせるぐらいになればポジション争いは活性化されるし、ウォーカーの成長も促されていくのではないだろうか。切磋琢磨し合い、お互いが成長できればと願っている。

Kyle-Walker-Tottenham.jpgKyle+Naughton+Tottenham+Hotspur+v+Arsenal+XFYEETqspq_l.jpg

CB部門
毎年毎年、負傷者に悩まされるトッテナムのセンターバック陣。スパーズの象徴、レドリー・キングが現役引退を発表し、今季もカブールが約4ヵ月の離脱中となっている。現時点で出場可能となっているのはフェルトンゲン、ギャラス、コールカー、ドーソンの4人。ビラスボアスの考えとしてはフェルトンゲンとカブールを組ませたいと思っていたのではないだろうか。

しかし、カブールの離脱によって実現には至っていない。エコトの離脱も重なってフェルトンゲンはLSBを任されており。QPR戦の後半以降はギャラスとコールカーのコンビとなっている。プレミアリーグ3連勝中で6試合を消化して3勝2分1敗とまずまずの成績を残しているスパーズだが、クリーンシートは未だ0試合という状況だ。ただし、ギャラスの好調も影響してか大量失点を招く事態には至ってない。

本来ならば固定したいポジションだが1人2人離脱してもドーソンが控えているだけに、GK同様にそこまで問題視はしていない。QPR行きが濃厚と言われていたドーソンだが、彼の存在が今後、非常に重要となってくる場面が来ると思っている。放出は絶対に反対であるし、ベンチに置いておくのは贅沢すぎる。

jan-vertonghen-single.jpg848387920-24112010210615.jpgSteven+Caulker+Carlisle+United+v+Tottenham+ouMPS2SyCNll.jpg
Younes+Kaboul+Tottenham+Hotspur+v+Everton+nRRQE3H0nPRl.jpgMichael-Dawson-007.jpg

MF部門
現在ビラスボアスは4-2-3-1のフォーメーション(4-3-3ともとれるが)を採用している。開幕戦のニューカッスル、以降バギーズ、ノリッジ戦で2のポジションにはリバモア&サンドロのコンビを起用していた。守備はまずまずだったが攻撃面で期待できないのは目に見えていた。このコンビを起用するたびにビラスボアスを批判した僕の意思は間違ってなかったと勝手に思っている(汗)。

今このポジションにはサンドロと新加入のデンベレが起用されている。それ以降プレミア3連勝と波に乗り始めたトッテナム。お互い初顔合わせながら抜群のコンビネーションを披露しているが、すでに魅了されているのは僕だけだろうか?この二人の良いところは役割分担が明確化されているところだ。

サンドロは強烈なプレスでピンチの芽を潰し、中盤でのボール奪取から相手に主導権を握らせないようにしている。一方のデンベレはというと、積極的にボールに絡み、効果的な散らしのパスやゲームの組み立て役を担っている。いつも言うことではあるが彼の良いところは前を向いて攻撃に転じる姿勢が伝わってくるところだ。守備面でも予想以上に貢献してくれている。

さて、彼らが離脱した場合だ。このコンビ以上の活躍を見せてくれる選手がいるだろうか?サンドロが離脱した場合はパーカーが(現在は負傷離脱中)控えている。ここは問題ないだろう。懸念しているのはデンベレが離脱となった場合だ。守備ができて、効果的なパス出しができるうえにキープ力も抜群、そしてゲームを組み立てる能力を持ったプレーヤーが今のスパーズに存在するのか?リバモアは明らかにタイプが違うし、ジーナスはフォレストへのローン移籍が決定した。では、デンベレの代わりを誰が務めるのか?

個人的にはシグルズソンを推したい。本来ならばストライカーの近くやPA内で本領を発揮する選手だと思っている。今のところ目立った活躍には至っていないが、彼には強烈なミドルシュートという武器があることを忘れてはいけない。ミドルレンジから得点が奪えると相手に守りに入られても楽な展開になるし、こういった戦術をとってきた際には実に効果的でシンプルな形となる。ハドルストンの奮起や若手のキャロルにも当然期待していきたい。しかし、チームを機能させるのであればシグルズソンを起用しても面白いと感じているが・・・

Gylfi+Sigurdsson+Tottenham+Hotspur+v+Norwich+P9r1JSgj21Xl.jpgTom-Huddlestone-Tottenham-vs-Watford_2811228.jpgThomas+Carroll+Tottenham+Hotspur+FC+v+FC+Rubin+_SUvoMkkxxvl.jpg
Mark+Noble+Sandro+Tottenham+Hotspur+v+West+zmGsyKXLeCLl.jpg537106515-01092012172140.jpgScott-Parker.jpg

ウィング部門
僕にとって一番の懸念事項はこのウィングというポジションだ。何シーズンか前にレノンとベイルが負傷により出場不可だった試合があった。確かサンダーランド戦だったと思うが、レノンは途中交代だったかもしれない。華麗な翼を失った鳥は全く飛べないものとなった。そんな表現がピタリと当てはまる状況だったように記憶している。ということは、スパーズの生命線はこの両ウィングと言っても大げさではない。

今シーズン、同じタイプでベイルとレノンに控えている選手はタウンゼントしか見当たらないと思う。彼もまた、ノートンと同様にトッテナムでは1年生である。活躍できるかは未知数だが、少ない時間ながらも出場機会は与えられている。そんな中でチャンスも作り出しているし、彼の真骨頂であるドリブル突破も披露している。両サイドで起用できるのも大きな武器だ。ここ数シーズン、スパーズの控えに純粋なウィンガーがいなかっただけに彼には大きな期待感を持っている。

しかし、長いシーズンを考えるとタウンゼントのみで凌いでいくのは難しいと思っている。このポジションに関してはもう1人補強が必要だと感じる。デンプシーという存在は非常に心強いから、彼を起用していく手もある。ただ、デンプシーはウィンガーではない。ファルケというオプションもあるが彼に関してはタウンゼントよりも未知数なのが現状だ。そういったことを考えるとやはり補強の必要性はあるが、タウンゼントの躍進を期待して見守っていきたいと思う。

Gareth-Bale-Aaron-lennon.jpg
1734908_w2.jpg_57987560_hi013651855.jpg

ストライカーも正直コマ不足だと思っている。アデバヨールが負傷離脱(まもなく復帰)したことで、デフォーがフル稼働している。現在は好調を維持しているが、負傷してしまえばストライカーが不在となってしまう状況に陥ることも考えられる。そこで役に立つのがデンプシーということになる。1トップで機能するかどうかは分からないが重要な役割を与えられることは間違いない。

そのデンプシーは今のところトップ下が主戦場となりつつある。彼に万が一という事態が起こったとしてもシグルズソンが控えている。もしくはトップ下を置かない4-3-3のフォーメーションにしてもいいと思う。

まとめてみると、トッテナムの陣容に対してそれほど悲観的な考えを持たなくてもいいのではないかと感じる。各セクションにはハイレベルな選手が揃っているし、複数ポジションをこなせる選手も在籍している。これらのことを考えると確かにトッテナムの‘選手層は厚い’と言えるかもしれない。しかし、間違ってはいけないのは、レギュラー陣が離脱した時に、代わりの選手がいかにその穴埋めができるかということ。それができないのであれば‘選手層が厚い’とは言えないと思う。ただ選手が揃っているだけで、レギュラー陣との格差があると捉えられてもおかしくはない。今のところ一丸となってやっているし、離脱選手の穴も埋められている。控え組を見るとレギュラー陣との実力には差がある。そのレギュラー陣が何らかの理由で離脱となった場合、控え組にとっては大きなチャンスが到来する。そのチャンスを物にすることによってレベルアップに繋がるし、チームにとっては好影響を及ぼすのではないかと思う。

Emmanuel+Adebayor+Tottenham+Hotspur+v+Arsenal+Gxo33uAeH8Ql.jpgarticle-2210596-1544FE2C000005DC-184_634x386.jpg
スポンサーサイト
コメント
初めて投稿させて頂きます。
最近の好調のおかげか、スパーズの選手層の厚さを指摘する意見がよく見られるようになりましたが、僕も管理人さんと同様?層が厚いとは全く思っていません。特にご指摘がありましたように、2列目より前のポジションに関して、大きな問題があると思います。長いシーズン、複数の大会を戦い抜くうえで、非常に厳しいものがあります。ベイル、レノン、ギルフィを2列目と考えると、ここをカバーできる選手はデンプシーだけですからね(一応タウゼントもですかね)。ましてやストライカーの3番手までもデンプシーが担うとすると、一度怪我人が出てしまったら、途端に回しきれなくなると思います。その意味でもモウチーニョを逃したつけがこういうところで回ってくるのではないかと。彼を獲得して、デンべレを2列目に回すのが、当初の狙いだったように思えます。冬にはサイドアタッカーを狙いに行くんでしょうかね?ウィリアンなんかがまたまた噂されてますが。このままではベイルかレノンのどちらかが長期離脱何てことになったら、ローテ不可になってしまいます。

あと、余談ではありますが、なぜボアスさんはドーソンを戦力外扱いとみなしたのか、管理人さんの意見をお聞きしたいところではあります。いくら怪我があったとはいえ、あれだけ強く、パスも出せるリーダーをなぜ使わないのか・・・
ホットスパさん
初コメントありがとうございます。

どうやら同じ思いのようですね。プレミア、EL、キャピタルワンカップ、FAカップと4つの大会をこなしていくのは並大抵のことではありません。これらにプラスされるのが代表戦。とりわけELが厄介者で、パナシナイコス戦のイレブンを見るとおわかりだと思いますが、ビラスボアスは本気でタイトルを狙っているようです。そのうち間違いなく怪我人が出てくることでしょう。

デンプシーですが、今後けが人が出ようが出まいがキープレーヤーになると思っています。トップ下やストライカーとして機能する選手ですが、場合によってはサイドを任される可能性も十分あります。そこで好パフォーマンスを見せることができれば、タウンゼントを含めて両サイドはそれほど悲観的にならなくて良いと思います。もちろんデンプシーが負傷離脱しなければの話ですが。タウンゼントはまだまだですが、こういった選手はトップレベルで使われながら成長していくものです。

モウチーニョですが、1月の獲得に向けてスパーズは本気を出してくると思います。バルセロナでプレーしたいといった報道が出されていますが、あんなのはスルーで大丈夫です。問題は第3者が絡んでいるところ。プレミアは第3者の存在を認めていないということで、困難を極めると思われますが、そこは我らがレヴィの腕の見せ所。ここは見守るしかありません。

確かに夏にモウチーニョを獲得できていればデンベレを1枚上げて(トップ下)起用していたかもしれません。もしくは4-3-3を採用してサンドロ、デンベレ、モウチーニョのコンビを想定していた可能性もあります。非常に魅力的ですね。獲得は失敗しましたが、今のところ深刻な問題へと発展はしていません。おっしゃる通り、そのうちつけが回ってくるかもしれません。ただ、彼は高すぎますし、獲得は難しいと思っています。世界を見回しても、もっと安くて有能な選手がいるはずだと信じているので、すんなりと諦めるのもスパーズの移籍戦略にとって良い方向にいくかもしれませんね。

僕も、モウチーニョよりサイドアタッカーを獲得する可能性のほうが高いと見ています。デンプシーへの期待は特大のものですが、生粋のウィンガーを1枚置いておくと安心感にもつながりますね。

ドーソンですか・・・気の毒ですよね。今の状況はとても残念ですし、彼が一番辛いはずです。はっきりとした理由は分かりませんが、ビラスボアスの好みの問題かと思います。ホットスパさんがおっしゃる通り、強さ、統率性などを兼ね備えた素晴らしいDFですが、彼に唯一欠けているのは機動力。ビラスボアスにとって、これが一番のネックとなっているかもしれません。シャヒンの加入も断った(正確な情報ではありませんが)のも機動力や運動量のなさがネックとなったと聞いています。何となくですが納得はできます。今のスパーズのイレブンを見てもほぼ全選手が機動力に優れています。カブールやフェルトンゲンも一見どんくさそうに見えますが、機動力はかなりのものです。ビラスボアスの目指すフットボールには‘機動力’というものが欠かせないのかもしれないですね。本心はドーソンをDFラインの軸として起用してもらいたいと思っています。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
413位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。