上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログのマッチレポでは最大限の評価をさせてもらっているコンビがスパーズに存在する。タイトル通りだが、デンベレとサンドロだ。ちょっと褒めすぎ感はあるものの、そうせざるを得ないほどお互い素晴らしいパフォーマンスを披露してくれている。夏の移籍マーケットでは、本命モウチーニョ獲得に失敗したスパーズだがその影響は少しも感じられないのが現状となっている。

モドリッチ退団の影響は?
今夏の移籍マーケットで、チームの顔であったモドリッチがレアル・マドリーに移籍した。昨シーズンが終了する前にすでに退団は確実だと思っていたが、あれだけのファンタスティックな選手を失うこと、今までのチームへの貢献度などを考えると彼の退団はとても悲しかった。

当然、モドリッチの穴を埋めようと大物を狙いにいったトッテナム。それがモウチーニョだったが、複雑な理由で獲得は失敗に終わった。しかし、その時点でフルアムからベルギー代表MFムサ・デンベレの獲得はすでに決定していた。まず、開幕から最初の3試合。中盤2人はサンドロとリバモアのコンビを起用してきたビラスボアス。守備的な二人を並べてきたビラスボアスに僕は失望していた。この意見に賛同してくれる方も少なからずいてくれるはずだと思っている。

いざ試合では、創造性に欠けゲームの組み立ては上手くできていなかった。それはイレブンを見て予想できた。この時「モドリッチやったらこうしとったのになぁ」と後輩に何回つぶやいたことか(涙)。いなくなった選手のことをどうこう言うのは好きではないが、それぐらいスパーズらしさのない試合展開だった。彼ら二人は好きな選手であって、個々の能力は非常に高いと思う。これは単に組み合わせの問題であって、この3試合を通してビラスボアスもサンドロ&リバモアの構成の限界を痛感したと思うしそう願いたい。よって、この時点ではモドリッチ退団の影響は大アリだったと個人的には思っている。

article-2214147-156576C2000005DC-419_634x425.jpgLuka-Modric-formerly-of-T-008_20121010203258.jpgJake+Livermore+Tottenham+Hotspur+v+Norwich+4rcAObSmA3Bl.jpg

状況を好転させたデンベレの才能
プレミアリーグ第3節ノリッジ戦の後半途中からスパーズでのデビューを飾ったデンベレ。苦しい状況だったが鮮やかな先制点を叩き込んだ(結果は1-1)のは記憶に新しい。次節のレディング戦からは先発出場を果たし、スパーズでの本格参戦となった。プレミアでの実績は申し分なくかなりの期待をしていたが、まさに期待通りのプレーを見せてくれた。

しつこくて申し訳ないが、彼の良いところはボールをもらってから攻撃へのスイッチを必ず入れてくれるところだ。攻撃に対する姿勢が非常に好印象。彼は「モドリッチの代役ではない」と感じているようだが、モドリッチ以上に何か期待感を持たせてくれる選手だ。ビルドアップの能力も存分に発揮されている。中盤の深いところまでボールをもらいに来てからは、パスを散らしたり縦パスも効果的なものだと思う。

Moussa-Dembele-of-Tottenham-Hotspur-goes-to-g_2829377.jpgTottenham+Hotspur+v+Norwich+City+-+Premier+League.jpgMoussa-Dembele_2354629b.jpg
ポイントは、この「効果的」といったところだ。「出しどころがなく仕方なく出す」のではなく、デンベレはパスを受ける前に必ずフリーの選手、またはスペースを探している。そこに効果的なパスを出すことでたくさんのチャンスが作られていることは、試合を見ていても分かる。視野の広さも大きな武器だ。こうやって言うのは簡単で、フットボーラー目線では当然のことだと言われそうだが、世界最高峰のリーグでやってのけるのは高度な技術と精神力が必要になってくると思う。

彼についての新たな発見は守備意識の高さとボール奪取の技術である。無尽蔵の体力で90分間プレスをかけて簡単に攻撃を許さない。また、ファールを取られないボール奪取の技術には非常に驚いた。攻撃面での能力はフルアム時代の彼を見ていて分かっていたが、守備がこれほど素晴らしいとは思ってもみなかった。
Tottenham-v-Aston-Villa-Ciaran-Clark-Mousa-De_2841318.jpg

がんばり屋さんのサンドロ
みなさん御存じの通りですが、がんばり屋さんのサンドロは近年飛躍的な成長を遂げることに成功し、今シーズンはレギュラーとして活躍している。昨シーズンは、パーカー&モドリッチが主流で途中出場が多くなってしまった。そんな中でも出場した試合ではきっちりと仕事はこなしてくれていた。前半にカードを貰うと、後半頭から替えられることもあったが(涙)。

今シーズンはパーカーの負傷もありプレミアリーグ全試合に出場している。当然、彼の持ち味は献身的な守備だ。今年はそれに磨きがかかったのか、不用意なファールやイエローカードも少ないように感じる。鬼プレスは相変わらず健在で、危険察知能力も一段と増している印象だ。

article-2196714-14C97085000005DC-873_634x475.jpgSandro+Tottenham+Hotspur+v+Norwich+City+Premier+GndGS5GmOfGl.jpgsandro-grant-holt.jpg
攻撃面でも活躍してくれているのは心強い。機を見てタイミングの良い飛び出しや、ボールを奪ってからのビルドアップにも少なからず絡んでいる。ゴールにはならなかったが、得意の?高精度のクロスも1本見せてくれた(笑)。プレー自体はゴツゴツしていてどんくさそうにも見てとれるが、足も結構速いし強烈なミドルも兼ね備えている。キープ力も注目に値する。危なっかしいテクニックも披露するが、それも彼の愛嬌と言えばそうである。
ledesma_2346198b.jpg

名コンビの誕生
昨年のパーカー&モドリッチのコンビも素晴らしかった。デンベレ&サンドロのコンビは組んでから間もないながらも、むしろその破壊力は前者よりも圧倒的に上だと思う。デンベレはシュート精度やフィジカル面でモドリッチを上回る。モドリッチはビルドアップ能力に優れ、ほとんどの能力は高水準だがいかんせんシュート力や精度が劣っている。もちろん、リバプール戦やボルトン戦のミドルシュートは圧巻だった。サンドロは球離れの良さでパーカーを上回っている。パーカーの場合、ボール奪取能力は素晴らしいものがあるが「もっと早くパス出せばええのに」という場面が非常に多いと感じている。今のところ、後者の二人が多大なる貢献をしているだけに良い面しか見えていないという個人的な見解も含まれている。

デンベレ&サンドロのコンビはバランスが非常に良く取れている。役割分担が明確化されているということだ。デンベレは主にゲームの組み立て。サンドロは主に守備に重点を置いている。1人は攻撃、1人は守備とフットボールにおいては普通のCMFの役割かもしれないが、このコンビに関してはお互いのプレースタイルがマッチしていると思う。

今シーズンは、彼らどちらかからのボール奪取からカウンターが発令される場面も多くなっている。そのカウンターが破壊力抜群で、スパーズにとって最高の攻撃オプションとなっている。マンチェスター・U戦やQPR戦のカウンターからの得点を見ても二人が絡んでいる。ゴールに至らなかったカウンターもほとんどどちらかが絡んでいる。もちろん彼らが起点となっているが、それを活かすのがベイルやレノン、デフォーとなっている。デンベレ&サンドロのコンビが素晴らしいだけでなく、チーム全体の調和が取れているからこそ脅威となっていると思う。

そして、特筆すべきなのは、このコンビはプレミアリーグでボール奪取率No1ということだ。レディング戦以降を見てもそれは明らかだ。何度もピンチの芽を摘み取り本当に危険な場面(マン・U戦は別)もそう多くはない。彼らがいなかったら失点数はもっと上がっていたことと思う。


ここまでは最高のパフォーマンスを続けているデンベレとサンドロ。過密日程の中、本当によくやっていると思う。現在、負傷離脱中のパーカーだが、ここに割って入っていくのはいくら彼のような実力者でも難しい。リバモアも今のところは4番手という位置づけかもしれない。ただし、4つのコンペティションを戦うスパーズにとって欠かせない存在だというのは間違いないし早期復帰を望んでいる。

特にパーカーの復帰は待ち遠しい。デンベレ&サンドロのコンビに足りないものは何か?それはキャプテンシーというピッチで精神的支柱となるスタイルだ。押し込まれる苦しい場面でパーカーのような存在がいるとチームがキュッと引き締まるし、選手たちもポジティブになれるはず。そういったことを含めて、パーカーは重要な存在であることは間違いないが、デンベレ&サンドロのコンビが好パフォーマンスを見せているだけに、今はこの状態でいってほしいと思う。

spursmu-r4e.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
330位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。