上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今節のストーク戦を皮切りに再び過密日程へと突入していくプレミアリーグ。選手層の薄いクラブにとっては堪ったもんじゃぁありません。スパーズもある程度の選手層は抱えているものの、負傷者続出で満足なイレブンを組めていないのが現状。カブールを筆頭にエコト、ドーソン、パーカー(前節復帰)、ベイル、アデバヨールと主力が軒並み離脱しています。そんなスパーズに朗報。カブール以外の5名の選手が続々と復帰。この過密日程を乗り切るためにも彼らの力は絶対に欠かせないはず。パーカーはスウォンジー戦で復帰しましたが、今回はこの記事でも取り上げます。それではまずエコトから。


膝の負傷で長らく戦列を離れていたアス-エコト。もうちょい早く復帰してくれるかなぁ~と思っていたけど、随分と長くなってしまったようやね。ストーク戦での復帰は難しいと思っているが、チーム練習にも復帰して徐々にコンディションを上げていることから、ベンチ入りの可能性は十分にあると思う。彼の離脱以降、LSBはフェルトンゲンとノートンが務めていた。

前者はベイルとのコンビが冴え渡り、脅威の左サイドを形成し相手を怯えさせるシーンを何度か作っていた。でもなぁ、やっぱりフェルトンゲンはCBなのよね。別にLSBでも全然悪いとは思わんけど、快足アタッカーには振り切られる場面も多かったし、実際に自分でも「足は遅いしそんな速い選手には付いていけん!」と言うてますのでね。彼はCBでド~ンと構えていてくれた方がこちらとしては安心する。

ノートンも堅実なプレーでそこそこのパフォーマンスだったけど、右利きの選手がLSBを務めるのは自分としては反対。もちろん両足使えるならええけどね。ELでは失点に繋がるミスを犯したし(ロリスの責任でもある)リーグ戦でも危ないシーンも何度か見られる。何か窮屈そうにプレーしているように見えるのは僕だけだろうか?彼は本職のRSBでウォーカーとポジションを争わせるべきだと思う。ちょっと批判的になってしまったが、貢献はしてくれていたよ。スワンズ戦は本当によかった。本人もそこでのプレーは望んでいないと思うけど、まだまだ若いし出れることを喜ぶべきかな。本職ではないポジションでも全力を出し切ることは大切。彼はそれを見せてくれていたからよしとしておこう!

おっと、エコトの名前が全然出てきてへんやん!彼が復帰することで恐らくフェルトンゲンはCBで固定となるはずです。エコトが離脱して、改めて彼の重要性を思い知らされたここ数ヶ月間。たまにポカをするから抜群の安定感とは言えんけど、ベイルとのコンビは世界最高峰だし(大袈裟?)時より見せる左足から放たれる豪快なミドルシュートが見れると思うと心が踊らされますな!

assouekotto_2817264.jpg

お次は我らがキャプテンのマイケル・ドーソン。フルアム戦でハムストリングを負傷してエバートン、スウォンジーとの2試合を欠場。しかし、彼もまたトレーニングに復帰しておりストーク戦の出場は可能となっている。激闘が続くことは間違いないし、特にストークのようなフィジカル勝負で来る相手にはドーソンのようなキャプテンシーを持った選手が必要だね。先発復帰となるかは分からないが、ベンチには入るはず。というか出場して!君の力強いヘッダーでストークのロングボールを跳ね返せ!
Dawson_1.jpg

パーカーの復帰もチームやサポーターの雰囲気を盛り上げる最高のニュースとなった。スウォンジー戦では途中交代で数分間だがピッチに立つことができた。何かミチュとロリスの激突で、それがちょっとばかし消されてしまったけどね(汗)。彼も熱いハートを持った選手の1人であり、ドーソンが最終ラインを統率し、パーカーは中盤でのまとめ役。はい、これでガッチリとした柱が立つことになります。一刻も早く90分を通してパーカーのプレーを見たいけど、サンドロ、デンベレの中にどうやって割って入っていくのか。あるいはビラスボアスが4-3-3のフォーメーションを採用してくるのか。パーカーの復帰はいろんな面で影響を(良い意味で)及ぼしそうだな。
Scott+Parker+Manchester+City+v+Tottenham+Hotspur+q8sXvzCseBWl.jpg

ベイルもドーソンと同じ試合でハムストリングを負傷して、エバートン、スウォンジー戦を欠場していた。負傷した時は1ヵ月は覚悟したけど復帰までは思ったよりも早かった。やっぱり若いね!体も頑丈なんですね。ベイルの筋肉系の負傷ってあんまり聞いた事ないでしょ?記憶にありません。今回の負傷は英国の気候や疲労からくるものだったんでしょう。確かにそうだと思う。途中交代はあっても80分以降が多いし、ELも確か全試合出場だったかな?そりゃ怪我もします。納得。だからビラスボアスもベイルを上手く使っていってほしい。彼を下げるのは勇気の要る決断やよ。だからこそ、交代で入る選手をを信じてピッチに送り込んでやろうぜ。あんたの手腕の見せどころの1つ。是非とも大切に起用していってほしい選手だ。
_64448995_64448994.jpg

アデバヨールも前節のスウォンジー戦で負傷により途中交代したので書きますね。今シーズンは正真正銘のスパーズの一員となった彼だが、思い描いたようにはなっていないみたいやね。怪我も重なったり一発レッド喰らったりと強烈なインパクトは残していない。でも、細身ながらフィジカルは抜群で、自慢の長い脚を活かしたドリブルやキープは・・・惚れてまうやろー!そろそろ爆発してほしい、というより爆発するのが遅すぎる。「ここでアデがおったらなぁ」っていうシーンも何度もあったし、前線に足りない高さというオプションも与えてくれる。そして、デフォーにはかなりの負担がかかっているはずと思う。そんな時こそあんたの力が必要なんだよ!っていう時にいっつもおらんやん(涙)!でも、もう悪いものは全部出てったでしょう。これからは向上していくはずです。アデバヨールへの期待度はMAXです。
Adebayor20hoping20for20great20things20Image.jpg
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1788位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
295位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。