上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トッテナムは右膝の手術を受けたサンドロが今シーズンいっぱいを離脱することを発表した。離脱期間は不明だが、報道によると3ヶ月~4ヵ月、もしくはそれ以上との情報もある。なお、負傷個所は前十字靱帯と外側半月板の損傷。一刻も早い復帰を願うと共に、しっかりとリハビリに取り組み焦らずしっかりと治してからチームに復帰してほしい。
QPR-v-Tottenham-Sandro_2884763.jpg
さて、今シーズン絶好調の日々を送っていたサンドロの離脱。チームにとってこれほど大きな痛手はないだろう。今シーズン中の復帰が可能ならまだしも、シーズン絶望となれば大問題だ。前回の記事「デッドラインを見据えて ジョアン・モウチーニョ」でも少し触れたDMの件。サンドロ、デンベレを省き、現時点でスパーズには5名のDMが在籍している。パーカー、リバモア、ハドルストン、(ジーナス、キャロル)。

恐らくサンドロの替りはパーカーが基本となるだろう。しかし、パーカーも長期離脱から復帰したばかりで過度な期待は禁物。リーグ戦を軸に、FAカップとELを戦っていくためには他の選手たちのより一層の奮起が重要となってくる。そこで下記赤字のリンク(MF部門)を見直してほしい。

本当に厚い?スパーズの選手層

まさに、そういった事態が起こってしまった。すでに、デンベレも1カ月程度の離脱を経験。その際はいつも以上に苦しい試合展開を余儀なくされて、不満の残る戦いっぷりを露呈してしまった。サンドロとのコンビが冴え渡っていただけに、あの頃は本当に厳しい状況だった。デンベレの場合、長期離脱ではなかったから「すぐに戻ってくるだろう」という安心感はあった。しかし、今回はサンドロがシーズン絶望。上記リンクの記事では「パーカーがいるから問題はないだろう」と記したが全くもってそんな状況ではない。僕の考えが甘かったことに反省。

パーカーについてはそれほど不安は持っていない。もちろん負傷の再発などの懸念はあるが、復帰後のプレーを見ると、動きも良いし流石の守備も披露してくれている。ただ、常時起用は絶対に避けなければならないと思う。万が一、彼が離脱したことを考えると一体どうなっていくのか?懸念事項ばかりで申し訳ないが、最悪の事態を想定して考えていきたい。そこを埋めるのはリバモアとハドルストンになるだろう。単刀直入に言う。はっきり言って彼らでは不十分だ。お互い非常に良いものは持っているし、大きな期待を持たせてくれる選手であることには違いない。しかし、パーカーやサンドロ、デンベレや移籍候補に挙がっている選手たちと比べてその実力はどうだろうか?そんな思いが込み上げてきてしまう自分がスパーズファンとして正しいのかどうか疑問が湧く。

リバモアは恐らくローンで放出になると予想。ローン先として有力なのはQPRが挙げられている。ハドルストンは完全移籍での放出が予想されている。レディングを筆頭に、QPR、フルアムなどが興味を示しており、レディングは£5mを用意しているとの情報もある。というのがサンドロが離脱する前の大方の予想。現時点で状況は少し変わりつつあるかな、と思いながらも個人的には彼ら2人は放出(サンドロの離脱に関係なく)されると見ている。

本心は、リバモアにもハドルストンにも残ってほしいというのが本音。リバモアは下部組織上がりでスパーズに愛着はあるし、ハドルストンも在籍期間も長いことからサポーターにも愛されているはずだ。しかし冷静に考えてみよう。彼ら2人の実力がスパーズというクラブで渡り合っていけるのか?現地サポーターの発言を見てみると「放出した方がよい」「スパーズには不十分」というのが大半の意見。断わっておくが、これだけで彼ら2人の実力をどうこう言うのは間違っていると思うし、サポーターとして、もっと選手に対して信頼を置くべきではないかということも言いたい。ただ、そうあるべきサポーターからこのような意見が出るということは、やっぱり今のスパーズにとって彼らの実力は少し劣るのかなと(>_<)まぁ、今シーズンのプレーを見れば、そう言いたくなるのもよく分かるし、「どんな活躍をしているんだ?」と聞かれた時に、チームに貢献しているとは言い難い。
Jake-Livermore.jpg huddlestone050113.jpg

サンドロが離脱してしまった以上、誰かがその穴を埋めなければならない。現有戦力でうまく乗り切れれば一番良いが4位以内、あわよくば優勝争いに絡む躍進を遂げたいなら、リバモアとハドルストンに期待するというのは甘い考えになるだろう。選手層が厚いと言われているスパーズだが、本当にそう思うだろうか?サンドロの離脱を完全に埋めることは難しい。ただ、それに近いぐらいカバーはできるはずだ。果たしてそのミッションをリバモア、ハドルストンでやり遂げることができるだろうか。起用してみないとわからないし、今以上に奮起して大活躍を見せてくれるかもしれない。そうなった時に、初めて「選手層が厚い」と言えるのではないだろうか。現段階では、DMの枚数が多いだけ。それでは何の意味も持たない。

リバモアは確かにポテンシャルを感じる。彼には出場機会が必要だろう。だからローンでの放出は僕としては賛成。試合に出場できるクラブに行ってもっと成長して復帰してほしいと思っている。もちろんレギュラーという確約はないけどね。ハドルストンはビラスボアスの求める選手ではない?のかと思う。強烈なシュート力、糸を引くようなサイドチェンジなど素晴らしい技術を持ち合わせているが、いかんせん鈍足が目立ってしまう。そういったことを含めて、彼らのプレースタイルに合ったクラブで実力をいかんなく発揮できる環境が必要ではないかと思う。

何か、彼ら2人を批判的に捉えてしまう記事になってしまったことを許してほしい。サンドロ離脱で残留すれば以前より出場機会は増えるだろう。ただ、僕の予想では2人とも放出されると予想している。みなさんのリバモアとハドルストンへの評価、または期待するものなど、どのような意見をお持ちですか?この記事に対する批判でも構いません。いろいろ教えていただけたらと思っています。

その2、その3では、サンドロが離脱したことにより、誰を補強すべきなのか2名の選手を挙げたいと思います。結局は得意の補強へと話を持っていきたがる管理人なのであります。移籍で全てが改善されるとは思ってないよ。たとえ新しい選手が入ってきてもスパーズにフィットするかどうかは分からない。それは他クラブに加入する全選手に言えること。でも、そんなこと言っているようでは補強なんかできないよね。当然、むやみやたらに補強するのはダメよ!今は移籍市場の真っ最中。いろんな妄想を膨らませて楽しむべきでは?と思う。

スポンサーサイト
コメント
サンドロの離脱は大きすぎますね。
ハドルストン、リバモアともに僕も大好きな選手ですが、今シーズンのプレイや、クラブが今後進むべき方向性を考えるなら、放出するべきだと思います。特にハドルストンに関しては今後の戦力としてカウントするには厳しすぎると思います。チームの攻撃を作る司令塔としての役割は期待できそうにないですし、何より敏捷性に欠けるのでカウンターをくらった時のボールフォルダーへの対応がサンドロ、パーカーと比べて甘すぎます。ラインの高いスパーズで彼に守備に役割を期待することもできません。残念ですが、放出すべきと思います。リバモアは使い続ければ可能性はありそうですが、今シーズン彼に守備の一端を託すのは危険すぎると思います。
僕としては守備的MFの代役を確保できるのなら、ホルトビーの今冬中の移籍+新DMFで、、ハドルストン、ジーナスは放出、リバモア、キャロルはレンタルという形が理想だと思います。ただ、他にも補強が必要な箇所は複数あり、代役の確保が難しいとなると、リバモアだけは残すと思います。
スパーズはビック4の牙城を崩しそう(ビック4自体が崩壊中?笑)なチームですので、厚く高品質な層が欲しいですね。CLの常連になり、リーグタイトルを狙いに行くならなおさらです。
ハドとリヴァモアについては、絶対に保持しておきたいというわけではないのが実際のところですかね…リヴァモアはレンタルで修行が望ましいですが、ハドは完全移籍の方がいいですね。
ホルトビーはボランチの位置でも十分に機能するらしいです。なので、今年の冬に獲得もありですよね。でも、スパーズの両サイドのどちらかが怪我などで離脱してしまったとしたら、戦力やスタイルは変化してしまいますよね。私はホルトビーに移籍金を払わずに、ウイング獲得(ウィリアンやザハ、ナニなんかまで名前が挙がっていますが) にお金を出した方がいいのかなと思っています。
モウチーニョの獲得ができないのであれば、ハドとリヴァモアは保持しておいた方がイイですかね。

CHに関してなんですが、ゼニトのヴィツェルや、ポルトのドフールなんかはどうでしょう?ムサと良いコンビを形成できると思うのですが…
Re: サンドロの離脱は大きすぎますね。
ホットスパさん。
コメントありがとうございます。

> ハドルストン、リバモアともに僕も大好きな選手ですが、今シーズンのプレイや、クラブが今後進むべき方向性を考えるなら、放出するべきだと思います。特にハドルストンに関しては今後の戦力としてカウントするには厳しすぎると思います。チームの攻撃を作る司令塔としての役割は期待できそうにないですし、何より敏捷性に欠けるのでカウンターをくらった時のボールフォルダーへの対応がサンドロ、パーカーと比べて甘すぎます。ラインの高いスパーズで彼に守備に役割を期待することもできません。残念ですが、放出すべきと思います。

期待が大きかっただけにガッカリすることが多かったですね。ポテンシャルはあるのに伸び悩んだ感がありますね。

> 僕としては守備的MFの代役を確保できるのなら、ホルトビーの今冬中の移籍+新DMFで、、ハドルストン、ジーナスは放出、リバモア、キャロルはレンタルという形が理想だと思います。ただ、他にも補強が必要な箇所は複数あり、代役の確保が難しいとなると、リバモアだけは残すと思います。

彼はかなりの確率で放出(ローン)されます。彼を保持しながらサンドロ替りが獲れればいいと思います。ELやFAカップでは重宝されそうですが。代役の確保ですか?そのうち良いニュースが聞けると思いますよ~(意味深)。


Re: タイトルなし
ケンスピさん。
コメントありがとうございます。

> リヴァモアはレンタルで修行が望ましいですが、ハドは完全移籍の方がいいですね。

やはりそう思いますか・・・残念ですがそう思わざるを得ない状態ですね。パフォーマンスを見ればスパーズでやっていけるとは到底思えません。

> ホルトビーはボランチの位置でも十分に機能するらしいです。なので、今年の冬に獲得もありですよね。でも、スパーズの両サイドのどちらかが怪我などで離脱してしまったとしたら、戦力やスタイルは変化してしまいますよね。私はホルトビーに移籍金を払わずに、ウイング獲得(ウィリアンやザハ、ナニなんかまで名前が挙がっていますが) にお金を出した方がいいのかなと思っています。

各ポジション補強は必要ですね。ウィングの問題も重要課題です。おっしゃる通りですね!ちなみにホルトビーへの最初のオファー(1月18日)は拒否されました。

> モウチーニョの獲得ができないのであれば、ハドとリヴァモアは保持しておいた方がイイですかね。
> CHに関してなんですが、ゼニトのヴィツェルや、ポルトのドフールなんかはどうでしょう?ムサと良いコンビを形成できると思うのですが…

ベルギー人好きですか笑?そして、高額移籍金の選手に目をつけますね~笑。でも良いと思いますよ。妄想するとワクワクします。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1715位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
287位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。