上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15750155.jpg
まずはお詫びから。前節バギーズ戦のマッチレポは書けませんでした。溜め込んだ書類などいろんな事情によるものです。日本での放送もありませんでしたし、内容をあんまり覚えていないんですよね。それは内緒。覚えている範囲で軽く触れておきます。まぁ、いつも通りの前半戦。パッとしないし攻撃はチグハグといった感じ。ルカク&ロングらの強力攻撃陣をいかに封じ込められるかに注目していたが、スパーズなりに抑えていたのではないかと・・・何回か決定的な場面を作られていたが。ポポフの一発レッドは大きかったかもね。そして、後半22分のベイルのミドルシュートは圧巻の一言。虎の子の1点を守り切ったスパーズがホーソンズで貴重な勝利。内容がダメでも勝てればいっか(*^_^*)

さて、今回ホワイトハートレーンに迎えるのは、フランス人を大量に保有するニューカッスル。ただ居るだけではなく、その面子を見れば強烈な選手ばかりだ。特にムサ・シソコは是非スパーズに加入してほしかった選手。そのシソコは前節チェルシー戦で2ゴールを挙げて勝利に貢献している。ただ、ニューカッスルのチェルシー戦以前の戦績を見ると、3連敗を含む1勝1分4敗と不振に陥っていた。失点数も6試合で15失点と数字だけ見るとDF陣は崩壊気味。チェルシーに勝利して2連勝を飾ったものの、降格圏に近い位置にいる状態だ。

一方スパーズはというと、エバートン戦以降の9試合で5勝4分と好成績を残している。4分の内、2試合は勝っておきたかったがこの勝点1が後々効いてくることを信じて良しとしようじゃないか。首位ユナイテッドとの差は大きく開けられてしまったが、2位以内は十分に可能性がある。難敵ニューカッスルとの一戦となるが、打ち合いを期待しつつもスカッとする勝利を収めてほしい。尚、このニューカッスル戦は東海地区で初めての観戦会が実現した記念すべき試合となった。

ここで、新たなお詫びを1つ。この観戦会で複数枚の写真を撮りましたが、全て採用不可能という事実が発覚(ぶれてたり暗かったり・・・)。それでも載せたいと思っていましたが、あまりにも何が何だか分からない写真ばかりだったので見送らせて頂きます。本当に申し訳ないです。次はみんなデジカメ持参だぞ!

myboard_20130222192616.jpg
バギーズ戦からの変更は3か所。CBに入っていたフェルトンゲンがベンチへ下がり、代わりにドーソンとコンビを組むのがコールカー。バギーズ戦で足首を痛めたデフォーが3週間ほどの離脱が確定したために、代役を務めるのはデンプシー。アデバヨールはベンチ入りしたものの、恐らくコンディションが整っていないことから先発メンバーから外れた。そして、ホルトビーがホワイトハートレーンでのデビューを飾ることとなった。もちろん、それは嬉しいことだが、この日の試合は、ニューカッスルの強力攻撃陣をいかに抑えることができるかというところ。シセを筆頭に、キャバイエ、シソコ、グフラン・・・錚々たるメンバーだ。

ストーンと落ちる!
この試合、最初の決定機はスパーズだった。開始早々の1分。左サイド高い位置でベイル、ノートン、ホルトビーが短いパス交換。ホルトビーのパスに抜け出したベイルが中央へ走り込むデンプシーにグラウンダーのクロス。デンプシーは惜しくも合わせられなかったが、良い攻撃の形で試合に入れたことはポジティブだった。こういう形、大切ね。最近のスパーズではあまり見られないパス交換からの攻撃。これでスタジアムも「イケる!」という雰囲気に変ったね。その流れを切らずに迎えた前半5分。スパーズには珍しい前半での先制点を挙げることとなる。横パスをしながら縦への攻撃の機会を窺うスパーズ。最後に触ったウォーカーがデンプシーへ縦パスを送り、そのデンプシーが抜け出そうとしたところをコロッチーニが倒しFKを獲得。キッカーはベイル。一球に込めた魂のFKは、元横浜ベイスターズ、佐々木主浩もビックリするようなストーンと落ちるフォークボールとなりネットを揺らす。
image-2-for-tottenham-v-newcastle-gallery-674426304.jpgarticle-2276063-177343C1000005DC-142_634x388.jpghi-res-161127647_crop_650x440.jpg
何か入る予感はプンプンしていた。ベイルの集中力からと、観戦会でのあの雰囲気も影響していたんだろう。入った瞬間、それはもうみんな大喜び。久しぶりに早い時間帯でのゴールだったな。先は長いがこれはこれで嬉しいし、追加点もすぐに決まるんじゃないかという気持ちも高ぶらせてくれた。数分後にはホルトビーがエリア左の位置からシュートを放つ場面もあったりと、惜しいシーンもぽつぽつあった。

しかし、15分が過ぎたころからようやくニューカッスルのエンジンが掛かり始めた。18分にはシセがフリーでのヘッダーを放つも枠を外れる。負けじとスパーズもホルトビーの右足がニューカッスルを襲うが枠を外れてしまう。すると24分。右サイドを抜け出したシソコが中央に待ち構えるグフランへマイナスのクロス。1トラップからの強烈なシュートはドーソンに当たってコースが変りゴールイン。ニューカッスルが同点に追いつく。いいんだよ。1-0で追いかけられるより、イーブン、もしくは追いかける立場の方がスパーズにとっては楽かなと。ただし、なぜにグフランがどフリーなんだ?この守備はいただけない。そこに居るはずであろうデンベレorパーカーはどこで何をしていたのか・・・観戦会ではそんな思いがあったことを覚えている。この場面だけでなく、良く似たピンチが複数あった。ここは今後に向けて課題だな。こういう守備をしているとそのうち痛い目に遭いそうでならない。
article-2275706-1773505B000005DC-791_632x442.jpg15749459.jpg15749467.jpg
その後はお互いあまりチャンスを作れずに、1-1で前半を終えることとなった。う~ん、、、出だしはよかったけど、すぐにいつものスパーズになってったな。観戦会の雰囲気もよかっただけに、早い段階での息切れ?は非常に残念だった。まぁ、毎度言っていることだが今回も言わしてもらう。スパーズは後半からなんだよ!

article-2275706-177341AE000005DC-513_632x420.jpg

ロリスがチームを救う!!!
後半の立ち上がりもお互いパッとしない展開となった。確かそうだったと記憶している。おおっ!となったのは75分のベイルの右足だっただろうか。。。しかしその2分後だった。アデバヨールが競り勝ち、こぼれ球をベイルが調達。そのままやや左サイドを駆け上がりシュート。グラウンダーのシュートはクルルの股間を抜けて、遂にスパーズが勝ち越しに成功する!まっ、ベイル様々やね。
Tottenham-Hotspurs-Gareth-006.jpg15749883.jpgarticle-2276063-17739DEB000005DC-900_634x456.jpg
欲しかった追加点を奪うことに成功したトッテナムは更に攻勢を強める。コールカーのヘッダーも惜しかったし、86分にはベイルが強烈なシュートを放つも、これはクルルがグッドセーブ。その後もベイルが決定的なチャンスを作り、ハットトリックも十分狙えたパフォーマンスを見せてくれた。

しかしATの表示が7分。多少の不安感が出てきたが、それが現実になる寸前だった。AT3分ほど経過した時だった。中盤ティオテからシソコに縦パスが入りキャバイエとのワン・ツーを狙う。ボールはずれてしまったが、エコトに当たり良からぬ方向へパスが通る。そのボールがアメオビに渡り右足でシュート。しかし、ロリスの的確な飛び出しが功を奏し何とかCKに逃れる。苦戦は用いられたものの、難敵相手に2-1の勝利を収めたトッテナムが勝点3をゲット。暫定3位に躍り出た。
article-2276063-177389C5000005DC-849_634x437.jpgarticle-2276063-1773711E000005DC-304_634x339.jpg15750070.jpg
当然、鮮やかなフリーキック&勝利へ導く勝ち越し弾を決めたベイルがMOMだろう。しかし僕的には、93分にチームの危機を救ってくれたロリスに最大の賛辞を贈りたいと思う。あの勇気、飛び出しのタイミング、的確な判断、どれを取ってもワールドクラスのゴールキーパーだということを証明してくれたに違いない。

hugo-lloris_2841948.jpg

スパーズはベイルのチーム?
確かに、そう言われてもおかしくはないね。ノリッジ戦、バギーズ戦、そしてこのニューカッスル戦と3試合連続でゴールを挙げているし、どれも重要でスーパーなものばかりだ。それはそれでいいんじゃないかな。こうやって結果が出ているわけだし。どのチームにも替えの効かない選手はいるわけだし、その選手を柱としてチームを作っていくのも大切だ。それが今のスパーズにとってはベイルという選手ということだ。もちろん、精神的な柱となる選手も大切だね。

課題としては、ベイルが負傷なりで離脱することになったらどうするの?ということだ。考えたくないことだが、これは非常に重要ポイント。現段階でスパーズの得点源はベイルだろう。デフォーは負傷離脱中で、アデバヨールは不調から抜け出せていない。ストライカーが軒並みこういった状態なら、中盤に得点力のある選手が必要(ベイルが離脱と考えて)となってくる。そうした場合、デンプシーや新加入のホルトビーには大きな期待がかかる。しかし、ここはシグルズソンの覚醒を期待したい。彼ならアシストもできるしゴールも決められる。それは、昨シーズンのスウォンジーでのパフォーマンスを見ればおわかりだろう。
660x0_20130222220146.jpgemmanuel_2476710b.jpgTottenham+Hotspur+v+Newcastle+United+-+Premier+League.jpg
まぁ、デフォーはそろそろ復帰してくるだろうし、アデバヨールもスパーズのために奮起してくれるだろう。デンベレも得点力はあるし、スパーズの得点源はどこにでも存在している。という強味があるはずだ。その強味が存分に発揮されていないだけで、これがハマり始めれば今後に大きな期待が持てると信じている。

121573267__01_382463c.jpg

さぁ、次節は僕が毎年のように一番重要だと感じているウェストハム戦が待っている。プレミアリーグの日程が発表された時に、まず最初に確認するのはNLDやチェルシー戦、ユナイテッド、シティ戦ではない。文句なしにウェストハム戦だ。この試合は何が起ころうと勝利は必須だ!彼らに負けることは絶対に許されない。絶対に!高まる感情を必死に抑えて、月曜日に臨みたいと思う・・・
スポンサーサイト
コメント
☆祝☆東海スパサポ観戦回
観戦会参加させて貰いましたルカジオです!!
当日めちゃ楽しかったです!
意外にも皆若くてノリも良く、到着までの不安はあの団結した雰囲気ですぐに何処かへ行ってしまいました。
試合の方はここ最近の得点はベイルへの依存が騒がれていますが、僕も同じ意見でそれはそれで良いんじゃないかと思っています。
仮に連敗とかでしたら不安も募りますけど、ベイルが得点出来ている=周りのサポートやパフォーマンスが良くないとベイル自身の得点も生まれないと思います。
その辺りを考えたらまだまだ周りが点を取り出したら今度はどれだけ得点力のあるチームになるんだ!?と期待ばかりでワクワク週末を待っています。
また是非観戦会も参加したいです!
アーリーキックオフ恒例とかに出来たら良いですね。
スパーズの試合も観戦会も楽しみにしてます!
長文失礼しました。
楽しい観戦会になったのでは?
無事に勝利できて良かったですね。

 この試合ホルトビーに注目していましたが、パスの散らし、ロングレンジのパス、よかったですよね^^
ただ、時折ディフェンス時にちょっと下がりすぎる(自陣ペナルティーサークルまで(・_・;))ところも見え、ボールに絡みたがる選手なのかなと。
確かに課題もありそうですが、ルカのように大成して欲しいし、その片鱗はみせてくれたと思います。(ただ、シュートはもう少し枠に飛ばして欲しい、、、まるでルカのようだww)

 ベイルに関しては最近の試合のように1人で決めることもありますが、この試合、特に後半の展開がオープンになった後は、周りも上手く彼を活かしていたし退屈には感じませんでした。

 失点のシーンはノートンがちょっと簡単に裏をとられすぎましたね。スパーズDF陣の課題はコーチングとボールウォッチャーになってしまう点(カイルの2人とコールカーが特に)ですが、ここを修正しないと今以上の相手と戦うのは厳しいですから頑張って欲しいです(´・ω・`)
またこの試合、キャバイエ、グフランが再三バイタルに顔を出していましたね(やはりいい選手だ) しかしながらパーカーとデンベレにはそれを踏まえての起用もあったと思うので、失点のシーンは反省すべき点だとも思います。 特にパーカーは(個人的に)復帰後あまり良い印象を残していないのが気になりますね。

 最後にロリスは、うん、本当に肝が冷えました。ありがとうww

 長いことグダグダ言いましたが、結果勝てたことが大きくて、これはダービーにも弾みがつくんじゃないかなぁ!
もとより最近は相性いいからなんにも心配してないんだからね!

失礼しましたー(*´∀`*)
ベイルのチームになってしまいました
観戦会楽しかったようですね(^-^)
近くでやれば参加したいのですがね、
バギーズ戦は勝てて良かったですね。今はとにかく勝ち点が欲しいですから。

ニューカッスル戦の個人的な注目点は、スパーズの次に好きなボルドーから移籍したグフランでした。結果的には点を決めましたが、あれは仕方なかったですよね。

ベイルのFKの時は私もなぜか決めるだろうなとは思っていました!不思議ですよね^ ^
もはやベイルのチームになりましたが、77分のベイルの個人技からのゴールは圧巻でした。ワントラップ目で決まったようなものだったと記憶しています。欲張りですが、レノンも同じようなことができれば、、、と妄想してます(^-^)

コウルカーは、安定してるなと思ったらフリーでシュートを打たせてしまう、という感じですね。これからに期待です!

デンプシーはストライカーでは無いなと個人的に感じました。そういう戦術だったのかもしれませんが、ちょいちょい下がってきていて、チャンスの時に前に誰も居ないということがあったと思います。
ルイスに関しては、ラストパスを積極的に要求している姿が頼もしかったです!心掴まれました笑。

最後に、ベイルの2点目が決まってから、チームがベイルをハットトリックさせようとしていて軽く感動しましたが、決めきれませんでしたね^^;右サイドから内側へ切り込んでシュートを打つという形は、カナリーズ戦・バギーズ戦に続き彼の形になりましたね。

管理人様の記事はいつも楽しみにしています!ですが、無理のない範囲でやっていただければと思います(^-^)
Re: ☆祝☆東海スパサポ観戦回
ルカジオさん。
コメントありがとうございます!

> 観戦会参加させて貰いましたルカジオです!!
> 当日めちゃ楽しかったです!
> 意外にも皆若くてノリも良く、到着までの不安はあの団結した雰囲気ですぐに何処かへ行ってしまいました。

お忙しい中、参加していただいて本当にありがとうございました。
観戦会の雰囲気、よかったですね。あれがスパーズ・クラスタの本質ですね。
今回の観戦会でスパーズ・クラスタの素晴らしさが証明されたと思います。

> 試合の方はここ最近の得点はベイルへの依存が騒がれていますが、僕も同じ意見でそれはそれで良いんじゃないかと思っています。
> 仮に連敗とかでしたら不安も募りますけど、ベイルが得点出来ている=周りのサポートやパフォーマンスが良くないとベイル自身の得点も生まれないと思います。
> その辺りを考えたらまだまだ周りが点を取り出したら今度はどれだけ得点力のあるチームになるんだ!?と期待ばかりでワクワク週末を待っています。

そうですね。今はこの状況を楽しみましょう!あとは、シギーやデンプシーの奮起を待ちましょう。
これからは総力戦になりますし、彼らの力なしではCL圏内は望めません。

> また是非観戦会も参加したいです!
> アーリーキックオフ恒例とかに出来たら良いですね。
> スパーズの試合も観戦会も楽しみにしてます!

やりましょう!ご期待下さい(*^_^*)
Re: 楽しい観戦会になったのでは?
ギルフィはもっとやれるはずなんですよ!デンベレの負傷さえなければこの試合だってきっと!さん。
コメントありがとうございます。
長い名前ですね(笑)

>  この試合ホルトビーに注目していましたが、パスの散らし、ロングレンジのパス、よかったですよね^^
> ただ、時折ディフェンス時にちょっと下がりすぎる(自陣ペナルティーサークルまで(・_・;))ところも見え、ボールに絡みたがる選手なのかなと。
> 確かに課題もありそうですが、ルカのように大成して欲しいし、その片鱗はみせてくれたと思います。(ただ、シュートはもう少し枠に飛ばして欲しい、、、まるでルカのようだww)

まぁ、ポテンシャルの高さは感じられますし、プレミアに慣れてくれば問題ないでしょう。適応力も兼ね備えているはずですし。ホルトビーを見ていると、VDVを思い出します。なぜか懐かし~。
シュートの精度・・・確かに枠に飛ばして欲しいですが、たまたまそうなっただけでしょう。確か、ダイレクトで放ったものばかりだったと思いますし。そのうち決めてくれますよ!

>  ベイルに関しては最近の試合のように1人で決めることもありますが、この試合、特に後半の展開がオープンになった後は、周りも上手く彼を活かしていたし退屈には感じませんでした。

はい。おっしゃる通り、全く退屈ではなかったんですよ。ただ「観戦会の雰囲気作り」ということに繋げると、もっと激しい打ち合いを期待しただけです(^.^)贅沢です。

>  失点のシーンはノートンがちょっと簡単に裏をとられすぎましたね。スパーズDF陣の課題はコーチングとボールウォッチャーになってしまう点(カイルの2人とコールカーが特に)ですが、ここを修正しないと今以上の相手と戦うのは厳しいですから頑張って欲しいです(´・ω・`)

DFラインの課題は山積みですね。あまり触れたくない案件ですな(汗)

> またこの試合、キャバイエ、グフランが再三バイタルに顔を出していましたね(やはりいい選手だ) しかしながらパーカーとデンベレにはそれを踏まえての起用もあったと思うので、失点のシーンは反省すべき点だとも思います。 特にパーカーは(個人的に)復帰後あまり良い印象を残していないのが気になりますね。

パーカーとデンベレの関係性がイマイチなんですよね。2人の横の関係が強すぎて縦の関係が見られない(説明が難しい)。もう少しデンベレが前に出て行っても良いとは思うんですが。パーカーに注文をつけるなら、球離れを改善せよ!ということです。

>  最後にロリスは、うん、本当に肝が冷えました。ありがとうww

ほんまにロリスには助けられました!ロリス!!!
>  長いことグダグダ言いましたが、結果勝てたことが大きくて、これはダービーにも弾みがつくんじゃないかなぁ!
> もとより最近は相性いいからなんにも心配してないんだからね!

ウェストハム!!!
Re: ベイルのチームになってしまいました
ケンスピさん。
コメントありがとうございます(^.^)

> 観戦会楽しかったようですね(^-^)
> 近くでやれば参加したいのですがね、
> バギーズ戦は勝てて良かったですね。今はとにかく勝ち点が欲しいですから。

いつか来て頂くことを願っています!
改めて、バギーズ戦のマッチレポ、申し訳ございません。。。

> ニューカッスル戦の個人的な注目点は、スパーズの次に好きなボルドーから移籍したグフランでした。結果的には点を決めましたが、あれは仕方なかったですよね。

ボルドー好きですか!やはりスパーズ・クラスタは中堅クラブが好きなんですね。あっ、中堅って言葉に不快な思いをさせてしまったら申し訳ないです。中堅って言葉に悪い意味は全く含んでいません。私は中堅クラブが何よりも好きです。スワンズやエバートンのようにね(^.^)

あの失点・・・情けない守備を露呈してしまいました(';')

> ベイルのFKの時は私もなぜか決めるだろうなとは思っていました!不思議ですよね^ ^
> もはやベイルのチームになりましたが、77分のベイルの個人技からのゴールは圧巻でした。ワントラップ目で決まったようなものだったと記憶しています。欲張りですが、レノンも同じようなことができれば、、、と妄想してます(^-^)

やっぱそうですよね!蹴る直前のベイルの不敵な笑み。ゴールを予知してたんですね(笑)
レノンはそのうち大爆発しますよ。ここ数試合はベイルの陰に隠れていますが、それは今後に向けて力を蓄えているだけ。再びあのキュンキュンっていう姿が見られますよ(*^_^*)

> デンプシーはストライカーでは無いなと個人的に感じました。そういう戦術だったのかもしれませんが、ちょいちょい下がってきていて、チャンスの時に前に誰も居ないということがあったと思います。

デンプシーに関してはそこまで心配していませんが、フィットするのに時間がかかりすぎ。数々の重要なゴールを決めてくれていますが、その印象が薄れてしまうほど低調なパフォーマンスの時が多いです。とはいえ、重要な戦力であることは間違いありません。起用法を間違えなければ彼ならやってくれるはずです。

> ルイスに関しては、ラストパスを積極的に要求している姿が頼もしかったです!心掴まれました笑。

ホルトビー。彼にはもう少し時間を与えてやりましょう。期待してます!

> 最後に、ベイルの2点目が決まってから、チームがベイルをハットトリックさせようとしていて軽く感動しましたが、決めきれませんでしたね^^;右サイドから内側へ切り込んでシュートを打つという形は、カナリーズ戦・バギーズ戦に続き彼の形になりましたね。

ベイルの攻撃の幅が広まってきたのは大きいですね。以前もポジションチェンジなどを繰り返していろいろやっていましたが、安定感がありませんでした。今は、どこでも好パフォーマンスを見せてくれていますね。これはポジティブな要素。ストライカーやっちゃえ!

> 管理人様の記事はいつも楽しみにしています!ですが、無理のない範囲でやっていただければと思います(^-^)

そういったお言葉が支えです。ありがとうございます(*^。^*)
MF&FW=ベイル
ども!
ブログ更新お疲れ様です♪

ベイルは凄まじい活躍ぶりですね。彼がいないことを考えると、本当に不安になりますね…(´・_・`)

スパーズはトップ下の選手を豊富に取り揃えてる中、最前線が足りなさすぎる…これがいつまでたっても解消されないですよね。
レアンドロが来てたら、全くと言っていい程変わっていたかと思いますが…泣)

FW陣がアデバしかいない今、ベイル頼みにするしかないと自分は思うので、デフォーが戻るまでは、このままで良いかと。
(デンプシーはジョーカー的な役割が似合う気がしますし、やはり主戦場のトップ下ですね。)

何にしても勝つことが第一。
CL圏内でフィニッシュ出来れば、目標達成。優勝出来れば万々歳ですね!
次節も頑張れスパーズ!!!
そうなるように頑張って応援しなければ♪



Re: MF&FW=ベイル
Lond_londさん。
コメントありがとうございます(*^_^*)

> ベイルは凄まじい活躍ぶりですね。彼がいないことを考えると、本当に不安になりますね…(´・_・`)
> スパーズはトップ下の選手を豊富に取り揃えてる中、最前線が足りなさすぎる…これがいつまでたっても解消されないですよね。

彼が居なくなることは考えたくありませんが、その時は必ず来ます。いつとは言えませんが来ます(・。・)
ストライカーについては懸念事項ですが、夏は忙しくなりそうですよ。この話は時期早々ですが。

> FW陣がアデバしかいない今、ベイル頼みにするしかないと自分は思うので、デフォーが戻るまでは、このままで良いかと。
> (デンプシーはジョーカー的な役割が似合う気がしますし、やはり主戦場のトップ下ですね。)

それで大丈夫でしょう。デフォーの穴をベイルが埋めていると考えればいいのです(*^^)v
これにアデバヨールやデンプシーが輝きを復活させれば懸念は削減されていくでしょう。

> 何にしても勝つことが第一。
> CL圏内でフィニッシュ出来れば、目標達成。優勝出来れば万々歳ですね!
> 次節も頑張れスパーズ!!!
> そうなるように頑張って応援しなければ♪

目標は高く!且つ、現実も見据えてですね。
打倒ハマーズ!!!!!!!!!!!!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
371位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。