上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
npower_championship_by_british_pirate-d5s7aa1_20130502185549.png
さてさて。今回は久しぶりにチャンピオンシップ(以下FLC)の話題。全46試合という長丁場のFLCだが、遂に今週の土曜日に最終節を迎える。今シーズンはカーディフが圧倒的な強さを発揮して、優勝&昇格を決めている。皆さんご存知かと思うが、FLCは1位、2位のクラブが自動昇格。3位~6位のクラブでプレーオフを行い残り1枠を決める生きるか死ぬかのサバイバル。それでは昇格&プレーオフに関わるクラブの順位のおさらいをしておこう。まずは自動昇格争いの2クラブから。

自動昇格争い
253_20130502190500.png 508_20130502190529.png
自動昇格圏2位を争うのはハル・シティとワトフォードの2クラブ。最終節を迎える前の時点では、2位が78ptsでハル・シティ。3位が77ptsでワトフォードとなっている。最終節、ハル・シティはホームでカーディフと。ワトフォードはホームでリーズとの一戦が組まれている。ハル・シティは勝利でワトフォードの結果に関係なく昇格が決定。ハル・シティが引き分けならワトフォードが勝利で逆転となる。ハル・シティが負けてワトフォードが引き分け以上でも、ワトフォードの昇格が決定する。

順位的にハルが優位に見えるが、彼らは優勝クラブのカーディフとの一戦が待っている。カーディフがどこまで本気を出してくるかが鍵となるだろうし、本気を出してこなくても、ハルはそれにお付き合いしてはいけない。ここ10試合4勝1分5敗と調子を落としているハルにとっては全てを出し切って勝利を掴みたいところだ。

一方のワトフォードもここ10試合4勝2分4敗とそれほど調子は良いわけではない。鍵は84得点を叩き出している攻撃陣がここぞという時にその破壊力を発揮できるかというところ。たとえ失点したとしてもそれを跳ね返す力は十分に持っている。動揺せずに自分たちのフットボールを貫けば、自ずと結果は付いてくるだろう。



長くなりそうなので、プレーオフに関する記事はこの後UPしたいと思う。しばしお待ちを(^u^)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
361位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。