上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2s1okzn.jpg
プレミアリーグ13-14シーズンの開幕を明日に控え、各クラブの補強も着々と進んでいる。もちろん、上手くいっていないクラブもいくつか見られる。ユナイテッドやアーセナルもこのまま終わるわけにはいかないだろう。今夏の移籍マーケットでは放映権料の恩恵もあり、中堅クラブの積極補強が市場を活性化しているように思う。中でも注目したいのはスウォンジー、ノリッジ、セインツの3クラブ。これらのクラブは台風の目になる可能性が十分にある。当然エバートンやフルアム、ヴィラやサンダーランドもなかなかの補強を進めている。昇格クラブもどれぐらいできるか注目していきたい。要するに、プレミア全クラブが注目で今シーズンも今まで以上に過酷なシーズンになるということを言いたい。そんな中で、我らのトッテナム・ホットスパーはどのような戦いを見せてくれるのか。ここからはポジション別にちょっとしたレビューを書いていきたい。


ゴールキーパー部門
Hugo-Lloris_2841948_20130816110449ad1.jpgBrad+Friedel+Tottenham+Hotspur+v+Queens+Park+FRQVWK77kpWl.jpgHeurelho-Gomes-Tottenham-007.jpg
ゴールキーパーはロリス、フリーデル、ゴメスの3名。このポジションは特に問題ないでしょう。ロリスの正守護神という位置づけは恐らく揺るがないものだと思うが、フリーデルがベンチに居てくれるのは非常に心強い。カップ戦での起用が主になるが、縁の下の力持ちとしてチームを支えていってほしい。こゴメスは移籍が確実視されている。PSVが有力とも言われているが、未だに移籍先が決らない状況だ。3番手に沈むGKではないので、今すぐにでも彼が活躍できる場所を与えてやってほしい。

センターバック部門
Vertonghen-Tottenham.jpgfc2blog_201308161326349fa.jpgMichael-Dawson_2888599.jpg
とりあえずフェルトンゲン、カブール、ドーソンの3名。昨年はヤン&ドーソンのコンビでシーズンを乗り切った。貴重な戦力であったコールカーの移籍は非常に大きい。カブールの復帰は心強いが、彼を1年間戦力として捉えるのは危険ではないだろうか。ドーソンも度々負傷離脱することもあり、怪我に強かったフェルトンゲンも離脱となっている。フェルトンゲンは予期せぬ負傷だったが、長いシーズンを見れば当然そういったことも出てくるはずだ。そうなると、プレシーズンではCBとして起用されているゼキ・フライヤーズ、新加入のカプーが重宝されることになる。または、アルデルヴァイレルトやキリケシュの獲得もあるかもしれない。CBに関しては正直言ってコマ不足。カブールの今後の状態によっては痛い目に遭う可能性も十分にあると思うが...

サイドバック部門
Rose_2986073.jpgbenoit-assou-ekotto_457495.jpgarticle-2327452-19C2EBFF000005DC-808_634x339.jpg
Kyle-Walker-Tottenham-vs-Watford_2811195.jpgfc2blog_2013081613465351e.jpg
右サイドバックにはウォーカーとノートン。左サイドバックにはローズ、エコト、フライヤーズ。右は問題ないだろう。ウォーカーは時々ポカを犯すが、爆発的な加速力とサイドを駆け上がるオーバーラップで幾つものチャンスを作り上げてくれるはず。ノートンも彼に負けないように少ないチャンスを活かしてほしい。さて、問題は左サイドバックだ。本来ならエコトがファーストチョイスだとは思う。しかし、レドナップ体制の時とは大幅に安定感を欠き、ビラスボアスの信頼も勝ち取れていないのが現状。

プレシーズンもコンディション不良により全試合欠場と、開幕戦にも出場しないだろうというのが有力視されている。退団も予想されていることから(私は退団すると見ています)ローズとフライヤーズの存在が重要となってくる。前者は昨年、サンダーランドで大きく成長を遂げた。それは認めるが、プレシーズンを見てもやはり不安をのぞかせる。不用意にボールを奪われることが多いし、守備面ではお世辞にも褒めることはできない。しかし、彼の攻撃参加は非常に魅力がある。自慢の快足で左サイドを駆け上がり、惜しいチャンスも幾つか作っていた。うん。エコトにそっくりだね。

そうなるとフライヤーズにもチャンスが巡ってくるかもしれないが、それはリスクが大きすぎる。ローズにしてもフライヤーズにしても、起用しながら成長を促していきたいところだが、核となる選手が必要なのは明らかである。このポジションも手を加える必要があるが、とりあえずはローズに期待したい。だめならフェルトンゲンがいるぜ!


ミッドフィルダー部門
sandro.jpgMoussa-Dembele_2823799.jpgarticle-2388670-1B3C20D4000005DC-336_634x477.jpg
capoue.jpg3557222693.jpgtop_201308161632232a1.jpg
まずはじめに、パーカー放出を前提として書くことにしました。さて、激戦区の中盤だが、デンベレ、サンドロ、パウリーニョ、カプー、ホルトビー、キャロルの6名を挙げてみた。4-3-3に移行するなら前者3名の、フィジカルモンスタートリオをチョイスすることが予想されている。CBの前に2人置くのか1人置くのかは分からないが、どちらにせよしっかりとしたフィルターが完成すると思うので、中盤の守備から大崩れすることは昨年よりかは少なくなるだろう。

懸念されるのは2つ。1つ目は役割分担の明確化。昨年はデンベレとサンドロのコンビが冴え渡っていた。サンドロが離脱してからは、デンベレの相棒として主にパーカーを組ませていたが、役割があやふやで中盤にスペースががら空きという場面も数多くあった。個々の役割分担をしっかりしなければ、いくら守備能力が高くてもピッチ上で混乱してしまい悪い流れになってしまう。この辺はビラスボアスがきっちりまとめあげてくれることを望みたい。

2つ目はパスの出し手が見当たらないことだ。この3人の中ではデンベレになると思うが、昨年は積極的に上がってゴールに絡む場面が少なかったように思う。正直、もう1列前でプレーさせたい選手だね。いつかのマッチレポで書いたとは思うが、デンベレがエリア近くでボールに絡むシーンが多くなれば、チャンスが生まれるし得点の可能性も大きくなるとは思う。パウリーニョはもうちょっと見てみたい。現時点でどのような役割を任せられるのか私には分からない。ただ、エスパニョール戦では幾つかスルーパスを通そうとしていたし、出し手になりうる選手なのかもしれない。サンドロは守備に専念してもらい、時々放たれる豪快バズーカ砲に期待したい。

そこで重要となるのはホルトビーとキャロルの存在。彼らは間違いなく出し手の選手だと思う。先ほど挙げた3人で上手くいかなければ、このレフティー2人が状況を打開してくれると信じている。ホルトビーに関して、昨年はウィングでの起用も多かったように思えるが、あそこで起用しちゃいかんよ。やっぱり彼は真ん中で輝ける選手。カプーの獲得はかなり大きいよ。サンドロも負傷から復帰したばかりで無理はさせられない。彼のコンディション次第ではカプーの先発も十分にあり得る。CBができることも頼もしい。カブールについて触れたが、サンドロ同様にコンディションが悪ければCBでの起用もあるだろう。


ウィング部門
Gareth20Bale20goal-1572649.jpg_65032842_65029376.jpgGylfi-Sigurdsson-of-Tottenham-Hotspur-celebrates-scoring-their-second-goal-1817025.jpg
8b6f88d9c4c36fb337ae851ad70a8475.jpgandros-townsend-tottenham.jpg
まずはじめに、ベイルは残留として書くことにしました。ウィング部門はベイル、レノン、シグルズソン、シャドリ、タウンゼントの5名を挙げた。ベイル&レノンの両翼はプレミアでもトップクラス。スパーズの核と言っても大げさではない。しかし、どちらか1人を欠くと大幅に破壊力が軽減されることも承知済み。そういう面を考えると、シャドリの加入は大きいだろう。昨年はウィングのサブがいなかっただけに層も厚くなった。

もちろんタウンゼントの復帰も大きい。レノンに何かあった場合でも、快足と切れ込んでの強烈なミドルシュートは魅力がある。レノンとは一味違ったものを見せてくれるはずだ。シグルズソンをウィングに入れたが、本当ならトップ下あたりで起用してほしいと思っている。ただ、長いシーズン、彼の力が必ず必要となる時が来るはずだ。レギュラー奪取はかなりハードルの高いミッションだが、チャンスを確実に物にしてほしい。昨シーズン、シグルズソンは1年を通して一度も怪我をしなかったんじゃないのかな?確か。めちゃくちゃ期待してるぜ!


ストライカー部門
top_20130816172356d94.jpgTottenham-Hotspur-Jermain-Defoe-celebrates_2829436-2c061.jpgEmmanuel-Adebayor_2861291.jpg
ストライカーはソルダード、デフォー、アデバヨールの3名。高年齢化が進むストライカー陣を、若年化するかに思われたが、€30mで28歳のソルダードを獲得。しかし年齢は関係ない。サポーターに夢を与え、チームに貢献してくれればそれでいい。高年齢化もそうだが、ストライカー陣の得点力不足も懸念されていた。そんな中、高額ながらビッグネームを獲得できたのは素晴らしい。一応、得点力不足は改善されると見ていいだろう。しかし、ソルダードにかかる期待は相当なものになるはずだ。その重圧に負けず、自分の全てを出し尽くすことができれば20ゴールも夢ではないだろう。

一方、アデバヨールとデフォーには移籍の噂が出続けている。前者にはゼニト、ウクライナのクラブ、ベシクタシュ、ブルサスポル。デフォーにはQPRやウェストハムが興味を示している。前者の放出を予想しているが、そうなると再び2人体制になってしまう。この失態だけは絶対に繰り返してはいけない。放出となれば今夏は誰かを獲得することになるはず。ビッグネームになるのか若手になるのかは分からないが、ここは最終日までもつれそうだ。

デフォーは今年もベンチスタートが多くなるかもしれないが、彼にかかる期待は大きい。何かやってくれる雰囲気が出てるよね。必要な選手だし、途中出場でも結果を出してくれるはず。アデバヨールも前線で起点になれる貴重な選手。この3名が残留することが一番だが、どうなるかは分からない。どうなったとしても、今シーズンの命運はストライカー陣の出来に左右されるかもしれない。



長く厳しいシーズンが今年も始まろうとしている。昨シーズンが終了したと思ったら、もう新シーズンが開幕ではないか!スパーズは現時点で新加入が4名(ソルダード、パウリーニョ、シャドリ、カプー)となっているが、いずれもレギュラー&代表クラスの選手たち。彼らがどれだけ早く馴染めるかというのもキーポイントになっていくはず。幾つか補強ポイントもあるが、十分にやっていけるスカッドが整いつつある。浮き沈みの激しい12-13シーズンだったが、今年もそんな時が来るかもしれない。しかし、スパーズはその度に這い上がり喰らい付いていく強さがあるはずだ。勝てない時でも前を向き、目標に向かって突き進んでもらいたい。日本に在住する僕たちサポーターは、実際には何も出来ないかもしれないが、熱きスパーズ愛で彼らを全力でサポートしていこうじゃないか!声は届かなくても、届くと信じて精一杯愛情を注いでいこう。今年も素晴らしいシーズンになりますように。
COME ON YOU SPURS!
スポンサーサイト
コメント
こんなトッテナムを熱く語ってくれる方がいるのは嬉しいです!
CBの駒不足、左SB、CFサブの去就、復帰選手のコンディションなど不安な部分はありますが、これからの市場での動き、ビラスの手腕そして、新戦力に期待ですね。これからもトッテナムを熱く応援し続けますよ!
開幕まで待ちきれない!
これを読んで一気にスパーズ・プレミア・サッカーモードに切り替わりました!笑
本格的にスパーズを見てからようやく1年が経ちましたが、まだまだ勉強不足です-_-
他リーグの試合や記事など見て勉強します!なので今季もご指導お願いします笑
今季はムサに期待!
Re: タイトルなし
THFCさん。
コメントありがとうございます(^u^)

> こんなトッテナムを熱く語ってくれる方がいるのは嬉しいです!

私にはスパーズしかありませんから笑

> CBの駒不足、左SB、CFサブの去就、復帰選手のコンディションなど不安な部分はありますが、これからの市場での動き、ビラスの手腕そして、新戦力に期待ですね。これからもトッテナムを熱く応援し続けますよ!

移籍市場閉幕まで約2週間。
たくさん楽しみましょう。
その前にスパーズの勝利を!
Re: 開幕まで待ちきれない!
ケンスピさん。
コメントありがとうございます(^u^)

> これを読んで一気にスパーズ・プレミア・サッカーモードに切り替わりました!笑

そう思ってもらえて嬉しいです。Thanks!!!

> 本格的にスパーズを見てからようやく1年が経ちましたが、まだまだ勉強不足です-_-
> 他リーグの試合や記事など見て勉強します!なので今季もご指導お願いします笑

いや、僕もまだまだ未熟者です。
戦術など細かいところはほとんど分かりません汗
一緒に勉強していきましょう!

> 今季はムサに期待!

中盤のキーはデンベレだと思います。
パウリーニョなどの新加入組がどれだけ活躍できるのかも注目ですね!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
330位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。