上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本時間3日の朝7:00。長きに渡って開いていた移籍市場が閉幕となった。最終日にはとてつもないサプライズが起こるのは珍しいことではない。ユナイテッドがフェライニ、アーセナルがエジル。そして、ベイルのお披露目会。エバートンやバギーズサポーターも嬉しい思いを(フェライニは残念)したのではないだろうか。今夏も見所十分の移籍市場となった。さて、スパーズは7選手を獲得し24選手を(ローンも含め)放出した。

IN
transfer-deadline-day.jpg  paulinho730.jpg

nacer_shirt730.jpg  roberto-soldado-tottenham-hotspur.jpg

article-2394244-1B4E2540000005DC-959_634x356.jpg  Tottenham-Hotspur-Vlad-Chiriches-2238183.jpg

Tottenham-Hotspur-sign-Erik-Lamela-2238812.jpg  eriksen_2658042b.jpg
パウリーニョ ← コリンチャンス £17m(競合なし)
シャドリ ← トゥヴェンテ £7m(競合なし)
ソルダード ← £26m(競合なし)
カプー ← トゥールーズ £8m(競合なし)
キリケズ ← ステアウア・ブカレスト £8m(確かS・モスクワ)
ラメラ ← ローマ £30m(競合なし)
エリクセン ← アヤックス £10m(未確認・恐らくあり)


超豪華な7選手に費やした金額は£106mとプレミアトップ。かなり費やしたと思うが、ベイルらの移籍金を考えると若干ながら黒字となる計算。スパーズの経営陣にはただただ驚かされる。もちろん悔やまれる放出劇もあったのだが、的確に補強ができたのは大きいのではないだろうか。パウリーニョ獲得を皮切りに、スパーズは今夏だけで3度の移籍金クラブレコードを更新。使い過ぎという声も聞こえてくるが、冷静に見てみるとピンポイントで補強を遂行している。

まずはパウリーニョ。え~っと、、、あの...彼の良さがイマイチまだ分からないが、攻撃的な中盤がいなかっただけに戦力はググッとUPした。ミドルシュートに定評があるので、エリア外からの得点が期待できそう。デンベレにそうなってほしかったが・・・

シャドリ。ウィングの層が薄いスパーズにとっては今夏の補強ポイントの1つだった。そんな中、ベルギー代表の実力者を獲得できたのはプラスに働くはずだ。早速スパーズでは左ウィングとしてプレミア3試合にフル出場。得意の内に切れ込んでのミドルや、キーパーからのフィードのターゲットにもなっている。なかなかヘッダーも強いのよね。それと、ローズとのコンビもワクワクさせてくれることも見逃せない。もっと連携が深まればチャンスは自ずと多くなると思う。


スパーズの最優先事項であったストライカー事情を解決してくれる一手として獲得したソルダード。開幕からスタメンで2試合連続得点も記録。足元も上手く、DFのマークを外したり裏を取る動きも見物だ。高額な移籍金での加入だっただけに、プレッシャーは大きいだろう。そういう意味で、開幕戦で得点できたのはひとまず安堵できたんじゃないかな。デフォー、アデバヨールも含めて強力な3人が揃うことになったストライカー部門。どんなクラブからも恐れられる存在となってほしいと思う。

パーカー、リバモア、ハドルストンの守備的3人衆が退団。その後釜としてトゥールーズから獲得した(3人が退団したのはその前?)守備的MFのカプー。どんな選手なのかほとんど知らなかったが、知らなかった私にとっては蓋を開けてみればサプライズ。高い守備力、高確率で成功するボール奪取。中盤底でボールを受けてパスを散らす役割も担っている。時より見せる攻撃参加も見ていて楽しい。守備的な選手がサンドロのみとなったことで、不安視されたポジション。この価格でこんな選手が獲得できたと思うとラッキーだ。サンドロとのポジション争いが非常に楽しみだ。とりあえず、怪我を早く治してくれっ!


コールカーをカーディフに放出し、補強ポイントに挙げられたCB部門。彼を放出しなくとも不安なポジションだったが。でも、カブールが復帰したことはポジティブで、フェルトンゲンも負傷から早期復帰ができた。ただ、前者は大きな負傷からの復帰明け。度々離脱することから、1年間戦力として捉えるのは少々怖い。ドーソンも同様にケガが多い。で、キリケズ加入はかなり嬉しい。動画を拝見したが、印象としては右盤のフェルトンゲンといったところだろうか。安定感もありそう。ドーソン&カブールとのポジション争いになると思うが、ビラスボアス好みのキリケズがそのうちファーストチョイスになるのではと予想している。


クラブ史上最高額での加入となったアルゼンチン代表のラメラ。恐らく彼がベイルの後釜だろう。いや、私にとっては全員がベイルの後釜と捉えているが。ローマでは主に右ウィングとして起用されていたが、トップ下辺りでの起用はできないものだろうか?とはいえ、中盤の選手で15得点というのは立派な成績だ。球離れの悪さが改善されたようで、オフ・ザ・ボールの動きもよくなったと聞いている。21歳と若く伸びしろも十分。レギュラーは確約されていないが、これからの活躍が非常に楽しみだ。

スパーズの最後のピースが埋まった。開幕3試合を見ても、決定的なパスを出せる選手がいないのは明らか。それは今季の問題ではなく昨年から続いている。それを解決する役割を担うのがエリクセンだ。確かに、新加入が多く連携面でまだまだ浅いのは考慮しなければならない。しかし、この3試合でおっ!と思わせるようなスルーパスは1度もないように思えるのは単に見逃しているだけだろうか。エリクセンなら解決できると思うし、3人のストライカーを活かせれると感じている。ストライカーだけでなく、他の選手も活きてくると思う。もちろん、彼の加入でホルトビーやシグルズソンがどのようなパフォーマンスを見せてくれるのが楽しみで仕方ない。個人的には、エリクセンの獲得が最大のポイントになるような予感はしている。


それから、忘れてはいけないのがバルディーニの召喚。彼の入閣入りで選手獲得、ならびに放出が非常にスムーズになった。そして、よく見てもらいたいのが新加入7名のほとんどが競合なしで(オファーがあった場合は競合あり)獲得に成功している。私が確認できたところでは、キリケズのみが競合していたと聞いている。もし、他の選手で違った情報があれば教えてほしい。競合のリスクを避けた補強戦略も実に見事だ。まぁ、ビジャやウィリアンのようなケースもあったがそれは忘れよう。乱獲ではなく、補強ポイントとされていた各ポジションを的確に強化できたのもバルディーニの功績である。そして、20代前半の選手を多く獲得できたのも大きい。将来的にスパーズの顔になりうる逸材たちを次々にゲット。選手層もかなり厚くなり上位争いを楽しませてほしいと思う。

OUT
完全移籍、期限付き移籍、契約満了を含め、ベイル、ハドルストン、パーカー、リバモア、キャロル、エコト、デンプシー、コールカー、ルオンゴ、ファルケ、クマロ、A・スミス、メイソン、ボストック、ギャラス、ベントリー、プリチャード、他7名を放出。以前から知らされていたとはいえ、ベイル放出は非常に残念でならない。他にもスパーズに多大な貢献をしてくれた選手が続々と退団。それも残念だが受け入れるべきだろう。彼らのこれからの活躍を願っている。


myboard_20130903231145ebf.jpg
それで、ここからは私が思うベスト布陣を考えたので見てほしい。あくまでも個人的な意見ね。4-3-3に完全移行として組んでみた。ロリスの立場はよっぽどな事がない限り揺るがないはず。にしても、ゴメスの残留は予想外やなぁ・・・

CBはフェルトンゲンは外せん。ドーソンの最近のパフォーマンスが気になるのでとりあえずカブール。キャプテンだからといって甘くはないよ。先ほども書いたが、そのうちキリケズがフェルトンゲンとのコンビになると思う。CB二人でドリブルしていく姿が見てみたい!サイドバックはこんな感じでしょ。ウォーカーは一皮剥けそうなシーズンになりそう。ローズはミスしながら成長を期待。ローズを脅かす存在が1人欲しいがフライヤーズではねぇ。ノートンの左での起用は何が何でも反対。でも、サイドバックをイングランド人で占めるのは楽しみ。

中盤3人はそんな感じ。デンベレを外すのはかな~り心苦しかったが、今の状況を考慮すると仕方ないかなぁと。エリクセンは外せなかった。パウリーニョを入れてあるが、ここにデンベレorホルトビーでも良いと思う。フィルター役はサンドロ。カプーも良いけどとりあえずはサンドロ。

ウィングのポジション争いは激しそう。レノンは大好きなので外せない。まぁ、ビラスボアスはラメラを優先して起用しそうだが。悪いと言っているわけじゃないよ。タウンゼントの積極起用にも期待したい。ELでは必ず先発を願う。左はシャドリだが、エリクセンを起用しても面白い。シグルズソンはここで起用するべきではない。うちの監督は彼を中盤2枚のどちらかで使う考えは持ってないと思うけどね。ラメラは無理なのかね?レノンは無理なのかね?妄想ばかりが膨らむ一方だ。

ストライカーのファーストチョイスはソルダード。それにデフォーとアデバヨールが控えているのは強烈。ただ、名前が強烈というだけで、昨年のようなパフォーマンスであれば怖くはないだろう。特にアデはコンディションをしっかりと維持して、スパーズに足りない前線でのターゲットマンとして君臨してほいし。デフォーはスーパーサブだが何かしらやってくれるという雰囲気はプンプンしている。ファーストチョイスにソルダードとしているが、他2名も十分にチャンスはあるだろう。めげずにチームのために貢献してほしいと思う。んで、ソルダードはちと様子見。エリクセンやホルトビーとのホットラインが形成されればかなり得点できると思うが。それはデフォーやアデバヨールに対しても言えることやけどね。


長々とすんませんでした((+_+))皆さんの意見も聞かせてね。
スポンサーサイト
コメント
連続投稿すみません(笑)
個人的には右はラメラで確定、控えにレノンかタウンゼント。左はシャドリとレノンで争いになるかと思っています。レノンが左でも違いを作れれば問題ないのですが、どうでしょうかね。

守備的MFはいずれカプエがポジションをものにするのではないかと思っています。

後気になったのですが、今シーズンはやはり4-3-3でいくのでしょうか?ソルダードの得点力を最大に生かすにはやはりアシストの出来るトップ下を置く4-2-3-1だと思います。ソルダードのプレイスタイルからして、ガナ戦のように中盤2枚が効果的に絡めないようでは前線で孤立すると思います。そして、エリクセンの能力が最も生かされるのも4-2-3-1だと思います。この辺、ボアスがどう起用していくのかが楽しみです。
初めて投稿させていただきます。

僕も前の方の意見とほぼほぼ同じで、アンカーには運動量の多いサンドロではなくて、後ろにどっしりと構えてボールを散らせるカプーを推したいです。

モドリッチを中心にプレミア1おもしろいサッカーを展開していた(はずの)2シーズン前みたいなサッカーをまた見れるよう期待してます。



ハリロビッチの件はなくなったのですか?ご存知でしたら教えて下さい。
情報の提供ありがとうございました!

フォメですが、かなり良いと思います。右にラメラ、レノン、タウンゼンドが居るのは贅沢ですね。カプーは4週間離脱ですが、早期復帰を期待したいです。キリケズの状態も気になりますが、何とかなるでしょう、って感じで気楽に考えてます。
エリクセンは、スパーズに欠けていた選手なので期待大ですね。んで、LSB獲得はありませんでしたが、ローズにはプラスになるんではないかと思っていて、守備参加も身に付くと期待しています。

長くなりましたが、また某掲示板で情報を提供していただけるのであれば嬉しいです。長文失礼しました。
今冬来夏には今期のラストピースの補強、及びキャロルの帰還が今から楽しみです。
ツイートありがとうございました。トフィーズやレッズも効果的な補強してますし、楽しみですね。
僕もアンカーを置いて前二枚が攻撃の組立てや攻撃参加できる形のほうがいいと思っています。4231は去年失敗でしたしね

LBは層が薄くなるのが気がかりですが、100点の補強出来るクラブはないので、ローズに期待していいと思います
カプーの怪我はサンドロでカバー出来るとは豪華な布陣ですね
Re: タイトルなし
ラフィーさん。
コメントありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなり申し訳ございません。

> 初めて投稿させていただきます。

ありがとうございます!

> 僕も前の方の意見とほぼほぼ同じで、アンカーには運動量の多いサンドロではなくて、後ろにどっしりと構えてボールを散らせるカプーを推したいです。

このへん意見が別れているようですね。カプーも素晴らしいです。
良い意味で、どっちでもいいということで(笑)
どちらかがベンチというのは非常にもったいない・・・

> モドリッチを中心にプレミア1おもしろいサッカーを展開していた(はずの)2シーズン前みたいなサッカーをまた見れるよう期待してます。

そうですね。大型補強を進めましたし、新たなスパーズの船出となるでしょう。
Re: タイトルなし
セミダブルさん。
コメントありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなり申し訳ございません。

> ハリロビッチの件はなくなったのですか?ご存知でしたら教えて下さい。

なくなってはいません。
交渉は順調に進んでいるとは聞いていますが、それ以来情報が入りません。
とりあえず、冬まで待ってみましょう。
Re: タイトルなし
THFCさん。
コメントありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなり申し訳ございません。

> フォメですが、かなり良いと思います。右にラメラ、レノン、タウンゼンドが居るのは贅沢ですね。カプーは4週間離脱ですが、早期復帰を期待したいです。キリケズの状態も気になりますが、何とかなるでしょう、って感じで気楽に考えてます。

ありがとうございます。
デンベレやカプーを外すのは心苦しかったですが、層が厚いなぁと改めて感じました。

> エリクセンは、スパーズに欠けていた選手なので期待大ですね。んで、LSB獲得はありませんでしたが、ローズにはプラスになるんではないかと思っていて、守備参加も身に付くと期待しています。

やっぱりねぇ、試合に出んことには成長できんよね。
ワールドクラスの選手に混じって練習するのも良いことですが。
多少のミスは許してやりましょう。

> 長くなりましたが、また某掲示板で情報を提供していただけるのであれば嬉しいです。長文失礼しました。

了解です!
Re: タイトルなし
くまさん。
コメントありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなり申し訳ございません。

> 今冬来夏には今期のラストピースの補強、及びキャロルの帰還が今から楽しみです。

ベイルの放出は残念でしたが、これからが楽しみなチームに生まれ変わりましたね。
優勝を狙いましょう!
Re: タイトルなし
マーシーさん。
コメントありがとうございます!(^^)!
返事が遅くなり申し訳ございません。

> 僕もアンカーを置いて前二枚が攻撃の組立てや攻撃参加できる形のほうがいいと思っています。4231は去年失敗でしたしね

いろんな組み合わせができそうでワクワクします。
ホルトビーやエリクセンの活躍によっては、デンベレもウカウカしてられません。
正直なところ、前者2名のコンビが理想だと思っています。
パウリーニョがハマれば彼が軸になるでしょうね。

> LBは層が薄くなるのが気がかりですが、100点の補強出来るクラブはないので、ローズに期待していいと思います

そうですね。試合に出て成長を期待しましょう。
期待だけではダメやけどね。
「期待」を「信頼」に変えられるかが注目。

> カプーの怪我はサンドロでカバー出来るとは豪華な布陣ですね

贅沢ですな。
Tottenham was Te victory 2-0 to Norwich game yesterday. Possession is overwhelmed with 69.3%. Work surface is also going well, ability of Villas was light.
少し長いですがご理解の上ご協力をお願い申し上げます。
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
267位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。