上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
emmanuel-adebayor-_2816364b.jpg
前節は不甲斐ない戦いっぷりでドローに終わったスパーズ。シティ戦の大敗を払拭したいところだったが、そう簡単に事は運ばず。今回の一戦は、4位争いのライバルチームであるエバートンをホームに迎える。好調エバートンは、ここまで僅か3敗と、抜群の安定感を誇る。選手層が薄いという声が大半を占めているとは思うが、私はそうは思わない。一人一人のクオリティは確かなものだし、マルティネス新監督の下、しっかりとした組織を組んでいる印象を受ける。ただし今回は、大黒柱のルカクを欠くということで、スパーズにとっては好材料。しかしながら、ミララスやオスマンなどの攻撃陣は魅力たっぷりで、ピーナールのアクセントや、バリー&マッカーシーのハードワークと褒めちぎっておくことにする。リバプールが勝利しているだけに、お互いにとって負ければ4位争いから1歩後退となる超ビッグマッチ。勝利のみを目指す熱き戦いになるだろう。
myboard_20140210203131cdb.jpg
2トップの布陣で臨んだハル・シティ戦だったが、今回はアデバヨールの1トップに変更。前節は負傷離脱だったデンベレはトップ下で先発。そして、ようやくタウンゼントが復帰でベンチ入り。デフォーはこの日がリーグ戦最後の試合となる。毎節恒例となっている中盤の渋滞が解消されているのかは気がかりだが、そういった状態が今日も続けばタウンゼントの投入は十分に考えられるだろう。

予想通りの苦戦
開始早々からテンションアゲアゲの両軍。激しいボールの取り合いで主導権争いは見物だったね。スパーズは攻めるものの、フィニッシュまで持っていくことが出来ず、次第にエバートン優勢の試合展開になっていく。エバートンはしっかりと守り素早くパス回し。プレスは強烈でスパーズは大苦戦だった。いつ失点してもおかしくない状況で、オスマンのミドルはロリスが超ビッグセーブで弾き出し、同じくオスマンのヘッダーは枠を外れる。ミララスの切れ味抜群のドリブルからのシュートは悔しいが惚れ惚れさせられた。エバートンからは躍動感が感じられ結構シュートまでもっていかれてた。潰して速攻。これが見事にハマってたね。何と言うか、スペースの使い方が上手い?というのだろうか。マークされている味方に渡すのではなく、スペースに出てきたフリーの選手にボールを預け、プレスを掛けられる前に再びフリーの選手に繋ぐという連動性。ここまでは3枚ぐらいエバートンが上手だった。
1506946_10151858093491277_1737987153_n.jpg1797359_10151858093886277_1293515946_n.jpghi-res-d84679e7c2a8582539c1b9db4319cc11_crop_north.jpg
一方のスパーズは、惜しいところまではいくものの、結局フィニッシュまで行けずに主導権を握られる展開。レノンは全く機能せず、中盤と言うよりは前線で渋滞が発生。アデバヨール、パウリーニョ、レノンらが棒立ちで、デンベレもキープするものの出し所なし。デンベレは持ちすぎ感があったけど、出し所なしなら仕方なかったかな。ということは、オフ・ザ・ボールの動きはいつも通りなかったということだ。「突っ立っとらんと動けや!」と一人で切れていたが、もちろんそんな声は届かず・・・25分のローズのクロスからアデバヨールが詰めた場面は惜しかったけどね。それでもスパーズ攻撃陣はチグハグ状態が続き、ちょっとしたズレが目立ちすぎ。エバートンの勢いに押されまくった前半だったが、何とか失点せずに乗り切ったのは良しとしておこう。
1653348_10151858093696277_163630025_n.jpg1391957248011_lc_galleryImage_Tottenham_s_Paulinho_cent.jpgarticle-2554078-1B53CC8000000578-166_634x424.jpg

超重要な3ポイント
前半とは変わってスパーズが若干優勢な展開に。10分間で3本のCKを得たり、デンベレ中心にエバートンを攻め立てる。それでもフィニッシュまで行けないのは前半と同様。しかし、50分を過ぎてからはスタジアム&選手のボルテージは最高潮に達する白熱の展開となっていく。攻守の切り替えが両軍共に早く、何としてもゴールを奪ってやろうという気迫が伝わってきた。スパーズは59分にエリクセンに替えてタウンゼントを投入。待ってました!この両翼を待ち望んでいた。
14832_10151859741321277_1976898790_n.jpgspurs-everton-acti_2816342c.jpg1391953423993_lc_galleryImage_Barclays_Premier_League_T.jpg
すると64分、素早いリスタートからスパーズに貴重な先制点が生まれる。デンベレが倒されて得たFKをウォーカーが間髪入れずに前線のアデバヨールへ。胸トラップからコールマンに寄せられるも、左足で「そこ決めるか!」と言いたくなるコースへズバッと決める。そしてお馴染みの敬礼パフォ。自身に満ち溢れた表情が印象的だ。アデバヨールも当然凄まじいが、ここはウォーカーを褒めたい。良く見てたね。確かに蹴る位置は全然違ったけど、やってみなきゃ分からんってのが成功した例やね。守備もよくやっていたし、その恩恵がここでやってきたのかなと。無論、クロスの精度は褒めるところなしだが・・・全部相手に当ててたんちゃうかな(笑)
ev730l.jpg20140209T155721Z_1_CBREA1818BO00_RTROPTP_4_SOCCERENGLAND.jpgTottenhamvEverton9Feb2014_2_large.jpg
こうなると2点目を決めてトドメを刺したいところだが、エバートンもそうはさせまいと反撃に転じる。が、疲労もあってか細かいミスが目立ち始める。危ない場面も幾つかあったが、スパーズ守備陣が奮闘。最後の最後で形を作らせなかった。「ここでトラオレ来たら嫌やな~」と思っていたが、エバートンはデウロフェウ、バークリー、マクギーディーを投入。これはこれで非常に厄介だ。テクニックがあり、ちょこまかされる方がスパーズにとっては嫌だっただろう。ATにはあやし~判定もあったりして肝を冷やした。まっ、PKでもおかしくなかったかなと。。。
article-2554078-1B5443C200000578-750_634x342.jpg
そんなこんなでエバートンの猛攻を凌ぎ切ったスパーズが重要な3ポイントをゲット。4位争いから脱落することなくエバートンを抜いて5位浮上。まず、褒めたいのはスパーズ守備陣。前半はロリスの好セーブに助けられ、後半はフェルトンゲンを中心に安定感があったようにも思う。ハル戦ではイマイチやったけど、しっかりコンディションを整えてくるのは流石。彼が居るだけで安心感は倍増するのだが、ドーソンがもっとやってくれれば鉄壁のようにも思えるが・・・

それと、カプーの存在を忘れてはならない。よく追ってくれるしこういう展開なら彼のような選手は重要。やっぱ潰し役って必要やなぁと思った試合だった。あとはアデバヨール。一発で敵を沈める彼の強味。それが発揮されたし、この調子を維持できれば上位に喰らい付いていくことは可能だろう。デンベレもグッドジョブだった。持ちすぎ感はあるものの、そのキープ力は流石の一言。それだけでも勝利に貢献したと言ってもいいだろう。もちろんそれだけでなく、守備も貢献していたし、パスを散らしてゲームの組み立て役にもなっていた。アデバヨール&デンベレは今のスパーズに欠かすことのできない重要なピースだ。

ev730d.jpg1391956842494_lc_galleryImage_Tottenham_s_Mousa_Dembele.jpgarticle-2554078-1B53D70000000578-890_634x400.jpg

先行き不透明・・・
強敵エバートンを撃破したことは素直に嬉しいし、これほど重要な3ポイントは今シーズン初めてだと思う。しかし、勝利に水を差して申し訳ないが、こんなフットボールをしている限り、CLなんてのは夢の話でしかない。何より問題なのは中盤での渋滞の発生や、細かいミス、複数の棒立ちの選手など、改善が見られないところ。このへんは監督どうこうってよりも、選手一人一人の問題のような気もするが。リズム感も皆無で一瞬にして状況を打破するアイデアも見られず。毎試合同じことをしていてはどんどん苦しくなってくよ。この試合、相手を崩してシュートまで持ち込めた場面はあっただろうか?私が見る限りなかったと思う。よく勝てたな(笑)

果たして、これから毎節が重要な試合となってくるが、今日のようなフットボールが通用するのか。そうは思わんね。改善がなければ必ず痛い目に遭うだろう。特に、チェルシー、アーセナル、セインツ、リバプールと続く3月の鬼日程。先行きが思いやられるね。ポジティブにいきたいところだが、正直不安でならない。ごめんね。管理人は厳しいのよね。特に今年に限っては。それがこのブログのスタイルなんやけどね。まぁ言いたいのは、勝てたから良かったっていうのは間違いってこと。それが私の意見。当然、こういったビッグマッチでは内容よりも結果が大切ということも理解している。でも、スパーズは薄っぺらな内容で結果も伴わないことが多すぎる。それでも上位争いしてるのは驚きだ。全てが噛み合い始めた時、このチームはどんな変貌を遂げるのかということもかなり期待している。だから厳しくなってしまうのよ。高望みしてるから。スパーズやったら出来るはずなんやけどねぇ。一度でいいからスカッと勝ってほしいものだ。そのポテンシャルを見せてくれ!

ところで、パウリーニョの良さって何なん?彼を批判しているわけではないが、私には分からん。

article-2555246-1B5475A800000578-300_634x401.jpg
スポンサーサイト
コメント
こんにちは
叫んでいたのは一人ではありませんよ。
少なくともここの一人もテレビの前で前線に喝いれてました。だってデンベレが可哀相に思えるほど前3人動いてマーク外そう外させようと言う動きしないんですから。
勝ち点上ではリバポと3点差ですが得失点差くらい開きあるレベルだと思いましたね。
4位争いしてるのが申し訳ないほどです。

得失点差では追いつけると思わないのでつまらない内容でも勝利を狙う泥臭い試合をしていって欲しいと思います。
もう一つ
チームの調子が悪い時でも勝利を手にするのはレベルが上がった証拠?と判断していいのですかね?。
ソル シャドリ ラメラ シグルズソン・・・早くフィットした姿で戻ってきてくれ><。
それが一番の強化です!!。
Re: タイトルなし
くまさん。
コメントありがとうございます(^_-)


> こんにちは
> 叫んでいたのは一人ではありませんよ。
> 少なくともここの一人もテレビの前で前線に喝いれてました。だってデンベレが可哀相に思えるほど前3人動いてマーク外そう外させようと言う動きしないんですから。

くまさんもそうでしたか!
もうね、彼らの意識の問題よ(*_*)

> 勝ち点上ではリバポと3点差ですが得失点差くらい開きあるレベルだと思いましたね。
> 4位争いしてるのが申し訳ないほどです。

よく4位争いを演じていますよね。
内容はグダグダでもなぜか上位に位置している・・・去年、今年と不思議なシーズンです。

> 得失点差では追いつけると思わないのでつまらない内容でも勝利を狙う泥臭い試合をしていって欲しいと思います。

もう高望みはできませんね。
私は改善されないと思っています。
そんな中でもしっかりと勝点を積み上げてほしいですね!
Re: タイトルなし
> もう一つ
> チームの調子が悪い時でも勝利を手にするのはレベルが上がった証拠?と判断していいのですかね?。

そういうことにしておきましょう。とりあえずは。
地獄の3月戦線を見れば分かるはずですよ。

> ソル シャドリ ラメラ シグルズソン・・・早くフィットした姿で戻ってきてくれ><。
> それが一番の強化です!!。

分かります。
ソルダードはまだしも、後者3名はハッキリ言って何の貢献もしてません。
日替わりヒーローが出現し始めるとポジティブなんですけどね。

コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1632位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
267位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。