上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
BgTI8IdIcAAW3mf.jpg
CL権争い中のエバートンに、内容はショボイなりにもクリーンシートでの勝利を飾ったトッテナム。前半のグダグダっぷりを、若干ながら後半に持ち直し大きな大きな3ポイントをゲットした。今回はアウェイでは苦手とするニューカッスルとの一戦だ。そのニューカッスルは最近7試合1分6敗と絶不調。レミーやティオテなど、主力を出場停止や負傷で失う形となっている。それでも彼らの爆発力は誰もが知るはずで、ついでにスパーズは、セント・ジェームズ・パークでは10年間未勝利。しかし、今回のニューカッスルは、絶不調と言っていいほどドン底の状態での一戦。十分に勝機はあると思うが、スパーズは変な空気に呑まれないようにしていきたい。エバートン戦の勝利を無駄にしないためにも、スカッと勝っておきたいところだ。
myboard_2014021320235472d.jpg
今節は予想外の布陣を組んできた。デンベレが右のワイドに位置し、左にはレノン。中盤にベンタレブ、パウリーニョ、カプーを配置する4-3-3。画像では中盤の3人を逆三角形にしてあるが、パウリーニョをベンタレブとカプーが支える三角形かもしれない。どっちやろ?ローズが負傷欠場でノートンが左サイドバック。はい、来たよ!私が一番嫌う選手選考。この布陣もどこまで機能するのか非常に楽しみだが、それよりも私はノートンの出来具合に注目している。そして、カブールが復帰後初先発で、フェルトンゲンがスパーズでのキャプテン・デビューとなる。シャーウッド就任以降、常に先発として出場していたエリクセンとドーソンを外したことも注目しておきたい。なお、ラメラ、キリケシュ、サンドロ、デフォーは負傷離脱となっている。

改善の努力が見られた前半
試合前にシャーウッドが「試合への入り方が悪い。対処すべきである」と発言。その改善策として、1タッチ2タッチでのパス交換を多用。早速スパーズは、アデバヨールが惜しいシュートを放ち、パウリーニョが豪快に枠を捉えるがクルルが弾き出す。この時点で、前回の神クルルを思い出したが今回はそれほどネガティブな印象はなかった。いつもの無駄な横パスや凡ミスは目立つことなく試合はスパーズ優勢に思われた。その矢先の7分。セットプレーからシセの決定的なチャンスがニューカッスルに訪れるが、ロリスがビッグセーブでピンチを救う。そうそう。チャンスにはならなかったが12分のスパーズのパス交換の場面。アデ→カブール→パウリーニョ→アデ→レノン→アデ→ウォーカーという1タッチを多用した場面ね。これまでのスパーズにはあんまり見れなかった展開だったような気がする。これをチャンスに繋げていけるようになると、1ランク上がるんやけどね。
article-2557896-1B6EF9B500000578-322_634x473.jpg18985977.jpg2433033146.jpg
すると18分。左サイドからスパーズに先制点。ベンタレブが左サイドでキープしてシソコのマークを上手く外すしてクロス。クルルに弾かれるものの、アデバヨールが押し込んで勢い付く先制弾。これもレノンの1タッチのパスが絡んでるんよね。プレスは掛けられていたが、変にキープすることなく素早くベンタレブに渡したのはグッドジョブ。それ+左サイドのスペースを狙っていたベンタレブもグッドジョブ。
article-2557896-1B6F086200000578-216_634x435.jpgarticle-2557896-1B6F081D00000578-225_634x435.jpgarticle-2557896-1B6F0CD000000578-838_634x435.jpg
先制点以降、悪い奪われ方で数回チャンスを作りかけられていたスパーズだったが、奪われた選手がしっかりと追いかけ、他の選手もしっかり対応していた。23分の展開もなかなか見物だった。パウリーニョのウォーカーへのスルーパスの場面ね。こういうのを見ると「パウリーニョぉぉぉ!」って感じるんやけどね。あと、パウリーニョに渡すまでのベンタレブとアデのパス交換も褒めておきたいね。31分にはレノンのポストを叩くシュートもあったりと追加点を奪える場面が数回あったが得点ならず。それでも、そこそこ上出来の前半戦だった。
369056_gallery.jpgarticle-2557896-1B6F5D5900000578-946_634x435.jpgNewcastle-United-v-Totten-008.jpg

次に繋がる価値ある勝利
後半の立ち上がりはニューカッスルが押していたが、スパーズがワンチャンスを物にする。パウリーニョのオシャレなヒールパスをアデバヨールがミドルシュート。クルルが弾くものの、パウリーニョがこぼれ球を押し込んで追加点。課題であった2点目以降を奪うことも早い段階でクリアすることとなった。
article-2557896-1B6F514F00000578-81_634x435.jpgarticle-2557896-1B6F5FB200000578-412_634x435.jpgBgT6P6cIUAII7U3.jpg
それ以降、スパーズにビッグチャンスが到来することにはならなかったが、ニューカッスルが反撃を開始。ダメットのシュートやシセのヘッダー×2、グフランのミドルなどあったがロリスが好セーブで再びチームを救う。すると81分、アデバヨールがボレーを決めて3-0と大きなリードを手にするスパーズ。取るべき人が取った貴重なゴールで勝利を手繰り寄せる。
article-2557896-1B6F6F5800000578-334_634x435.jpgadebayor_2820579b.jpg0,,10278~12594164,00
そしてトドメはシャドリから。左サイドからお得意のビューティーミドルが炸裂して4-0。クルルの自信を失わせるようなゴールが突き刺さる。なかなかこれといった活躍ができなかったシャドリだが、ようやく訪れたスパーズでの初ゴール。しかも鮮やかな放物線を描く目の覚めるような一撃。これを機に波に乗ってほしいと思う。そして試合は終了。2試合連続のクリーンシートも立派な戦績だと思う。ニューカッスルの出来がよくなかったとはいえ、それにお付き合いせず、逆に大量得点で締めくくれたのは非常にポジティブだと思う。
BgTilmmIgAARa1j.jpgBgThvplIAAIQw63.jpgBgTkLhEIMAABTr8.jpg

フランスにはフランスを
クリーンシートを達成できた功績はこの3人なしには語れないだろう。まずはカプー。守備的MFは必要ないと発言していたシャーウッドだが、この日はアンカーでカプーを起用してきた。結果を残さねばならないというプレッシャーもあっただろうが、執拗に敵を追い回し、長い脚がスルっと出てくる守備にはニューカッスルはかなり手を焼かされていた。彼の守備があったからこそパウリーニョが躍動(そこそこ)できたし、ベンタレブも前線のスペースに走り込む場面も多く見られた。今シーズンの彼にとっては100点満点のパフォーマンスであったと言っても良いのではないだろうか。

次は復帰後初先発となったカブール。なかなかのハイラインを保っていたスパーズだったが、彼のスピードで要所要所を防いでいたように思う。もちろん、裏を取られるようなパスがあまりなかったのは、カプーの守備があったからだと感じている。もちろんカプーだけに言えることではないけどね。空中戦も相変わらずの強さを誇り、フェルトンゲンとのコンビも様になっているではないか。長期離脱を繰り返しているとは思えない出来だったな。これを続けてくれると戦力として捉えられるんやけどね~。

ロリスは毎度のグッドセーブを連発。前半に1本、後半に3本ぐらいの見せ場を作り、ロリスここにあり!と言わんばかりのスーパーの連続。頼りになる守護神は健在だ。1つだけ・・・1つだけ注文を付けるならば、キックの精度を何とかしてくれ!私が見た限り、今日はアデバヨールに1本も合わすことができてなかったぜ!アデがあえて競ってなかったとか?

この3人の活躍は非常に喜ばしい。特に前者2名。カプーがフィルターとなり、そこを抜けられたらカブールのフィルターが網を張る。そこも抜けられたらロリスが吸収するという3重構造のフィルターが掛けられていた。アンカーを置かないスパーズは、言うならばニコチン、タール、一酸化酸素を体内にもろに取り込む最恐のタバコといったところだろうか。アンカーを置くだけでパウリーニョやベンタレブが活きてくるし、攻撃にもリズムが生まれていた。これはサンドロにも言えることだろう。アンカー必要なしと発言したシャーウッドだが、カプーの活躍を見た今、どのように考えが変わっていくのか注目して見ていきたいと思う。

article-2557896-1B6EFE5800000578-428_634x435_2014021420583657d.jpgSammy-Ameobi-6703692.jpghotspoor.jpg

今回は◎
話は最初の方にに戻るが、試合の入り方の問題。改善が必要と発言したシャーウッドだったが、1タッチ2タッチのパスを織り交ぜて即座に対応した、そして結果を残したことは前向きに捉えていきたい。アンカーを据えて守備を引き締め、攻撃へのリズムに変換できたのもよかった。1タッチ→1タッチ→溜めてサイドチェンジ→サイドからのクロス→アデバヨールor中盤の誰かが突進→ズドンっていう展開がもっと増えてきたら、あの頃のスパーズが戻ってくるかもしれないね。その象徴的な場面と言うのが、前途触れているがパウリーニョのパスを受けたウォーカーがクロスを入れて、レノンが走り込んできた場面ね。久しぶりに熱くなったよ。あれを見せてくれ!あれをもっと!

あと、4点取れたのは嬉しいね。今シーズン初の4得点だったし、前回のリーグ戦4得点は2012年の12月まで(アストンヴィラ戦)さかのぼる。大量得点なんて難しいし、滅多に見れないけど今のスパーズには何よりも得点が鍵を握っている。だからこそ4発快勝&クリーンシートの勝利は大きい。

とりあえず今日は褒めまくったが、これで喜んでいてはCL権なんぞ程遠い。快勝にも見えるがまだまだ本来のスパーズの姿だとは思っていない。その兆しは見せてくれたけどね。正直言って安心感など全くないっていうのが本音。当然、今回の勝利は喜ばしいものだが、これからが超重要な終盤戦となってくる。それをしっかり乗り切ることができるのか。そこで本来のスパーズの姿を見せることができるのなら、おのずと結果は付いてくるだろう。課題もたくさんあるし、もうちょい厳しく書きたかったが今日はやめておこう。敬礼!!!

FOOTBALL_PREMIERSHIP_140213_CAN_399246_image_H_jpg.jpg
スポンサーサイト
コメント
先に謝っておきます;;
カブールさん放出なんて言ってすいません。
口を慎みます。

今試合見ていて楽しかったです。(勝ったから言える点取られそうなスリルも含め)
Re: タイトルなし
くまさん。
コメントありがとうございます(^_-)

> 先に謝っておきます;;
> カブールさん放出なんて言ってすいません。
> 口を慎みます。

いや、それでも放出候補です。
契約延長の話も聞いてませんし、このままいけばフリーで退団でしょうね。
しかし!この日のような活躍を続ける&今シーズンの残りをケガなく乗り切れば、
もしかするともしかするかもしれませんね。

> 今試合見ていて楽しかったです。(勝ったから言える点取られそうなスリルも含め)

今日はカプーだね。
こんな試合を安定して続けてほしいものです。
この次のノリッチ、カーディフ戦はMust win!!!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
2464位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
413位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。