上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Lamela.jpg
さてさて、ちょっと間が空いてしまいましたが、今回はウィング編としてお届けしようかと思う。スパーズの武器でもある強力ウィング陣。ベイルは退団してしまったが、彼とレノンの両翼は次代へ受け継がれていくことだろう。前者のゴリ押し突破を見せれば、突貫小僧は疾風の如き右サイドを駆け上がる。魅力たっぷりのコンビだったが、どちらかを欠く事があると、翼のない鳥のように羽ばたくことができないという、諸刃の剣でもあったような気がする。昨シーズンはどうだったのか?今回はレノン、エリクセン、タウンゼント、シャドリ、ラメラを取り上げたいと思う。

アーロン・レノン 27試合 1ゴール 5アシスト(34試合 4ゴール 8アシスト)
55点(ヒゲが重かった、躍動感は何処へ?守備奮闘は◎)
最初は良かったんやけどね。好不調の波が激しかったというか、怪我もあったけど、以前のように彼が持った瞬間、場内が期待感で溢れることが少なかったような気がする。成績を見れば全く満足いくものではないだろう。レノンだけの責任じゃなくて、相手も2人で守り、突破を完全に阻止する戦法を取り入れるようになっていた。じゃあどうするのか?その打開策を自分で見つけ、周りとの関係をもっと密なものにしていきたかった。それが叶わなかったね。中盤全体が悪かったから、レノンの良さも半減以上。彼のためにスペースを作る動きもなければ、突破に有効なスルーパスもなし。彼はさ、足元じゃなくて、ボールを追いかける動きが増えてこやんとね。絶対勝てるから。あと、前線とのホットラインが形成されなかったことも見逃してはいけない。言わなくても分かるよね?アメリカに渡ったあの選手とは抜群の呼吸で何度も得点機を生み出した。前半戦はデフォーもいたが、あの形があまりにも少なすぎた。というか、今シーズンは得点になってないような気がする・・・放出候補に挙げられているレノンだが、背水の陣やと思うよ。来シーズンは3皮ぐらい剥けたレノンを見てみたいものだ。
1329810443.jpg4347774.jpg2043231_w2.jpg

エリクセン 25試合 7ゴール 9アシスト(33試合 10ゴール 17アシスト)
75点(後半戦の巻き返し、バギーズ戦の同点弾、キープレーヤーに君臨)
スパーズ1年生として迎えられた、アヤックス・ブランドのエリクセン。前半戦は負傷もあったリと、なかなか馴染めない日々が続いたが、シャーウッド就任後あたりから本領を発揮し始める。ひょろひょろとした体格だが両足から放たれるクロスの精度は抜群で、得点能力も兼ね備えている。最終的に、チーム2位のゴール&チームトップのアシストを記録。特に注目すべきなのはクロスの精度。以前のスパーズは、セットプレーから全く得点の気配がしなかったが、今シーズンはゴールもあったり、惜しい場面が何度か見られたと思う。流れの場面でも何度か輝きを見せていただけに、中盤の構成次第では更なる爆発が期待できるはず。二桁得点も夢ではないだろう。
CS53638921Tottenham-Hotspur.jpgChristian-Eriksen-Tottenham-Norwich.pngChristian+Eriksen+Tottenham+Hotspur+v+West+uIH1SEw8tBhl.jpg

アンドロス・タウンゼント 25試合 1ゴール 1アシスト
50点(切れ込んでミドルはワクワク、持ちすぎ、もっと経験を)
2節から先発に抜擢されると、11節ニューカッスル戦まで先発メンバーに名を連ねたタウンゼント。恐れを知らないドリブル突破で株は一気に急上昇。イングランド代表にも召集されてゴールを決めるなど、一躍時の人となった。しかし、切れ込んでシュートというやり方が読まれ始め、次第に影を潜めることになっていく。しかし、飛躍への第一歩はしっかりと踏んだはず。瞬間的な判断能力など、課題は山積みだが、注目すべきところは沢山あるので今後の成長を期待したい。私は彼を、左で起用することを推している。
townsend_andros6401.jpgart-aston-villa-townsend3-620x349.jpgAndros-Townsend.jpg

ナセル・シャドリ 24試合 1ゴール 3アシスト(22試合 10ゴール 5アシスト)
40点(う~んびみょ~、評価しづらい、中盤真ん中はダメ)
最初はね、なかなかやるやん、って思ってたけど、試合を重ねるごとに微妙な感じがしてならなかった。時より「お~」というプレーを見せてくれるが、正直言って微妙。左から切れ込んでミドルをドカンってのが、彼の良さの一つやと思うんやけど、それもあんまり見られずじまい。彼のプレースタイルを批判するわけではないが、普通にやってるように見えるから迫力がないんよね。それでもある程度の成績を残してくれれば言うことないんやけど・・・
nacer-chadli-tottenham-pablo-hernandez-swansea.jpgnacer_chadli-465998.jpgarticle-2408432-1B915649000005DC-578_634x441.jpg

エリク・ラメラ 9試合 0ゴール 1アシスト(33試合 15ゴール 5アシスト)
2点(・・・・・・・・・)
今シーズン最大の失望感を提供してくれたラメラ。はっきり言って、評価のしようがない。本人はベイルの後釜と捉えてはいなかったようだが、サポーターはそうはいかない。ビラスボアスもその期待を持っていたはずだ。しかし、出場機会が巡ってこず、21節以降は負傷離脱で、結局そのままシーズンを終えた。最初から馴染むのは難しい。それは分かっている。監督もそう話していたが、じゃあ使ってやれよと。使わんと慣れるもんも慣れへんて。そんなイライラする気持ちが込み上げていた管理人。戦術的な理由もあっただろう。それを差し引いても不満だらけ。だから、彼だけの問題じゃないのよね。でも、超高額の移籍金を考えても、批判は逃れないし、批判されるべきだと感じる。そうやって強くなっていくもんさ。まだ若いんやから。2点しかあげへんだけど、そのうちの1点はパウリーニョの決勝弾をお膳立てしたアシスト。もう1点は来シーズンへの期待。1点だけかよって思うかもしれないが、限りなく100点に近い1点という、意味不明な回答。「じゃあ99点でええやん」って誰かツッコミ入れてよ。昨シーズンはダメダメを通り越していたが、彼にとって意味のあるシーズンだったと思うよ。だから、来シーズンは彼のシーズンになるように願っている。
Manchester-City-v-Tottenham-Hotspur-Premier-League.jpgCS48128742Tottenham-Hotspurs-ArJPG.jpgarticle-2421001-1BD21169000005DC-443_634x422.jpg
スポンサーサイト
コメント
ポチェに替わりラメラが活躍するのを期待してますよ。
ラメラとソルダードの金額は期待値なんですからプレッシャーに負けないで欲しい。
カンビアッソ ロブレン ロドリゲスは来てくれるのですかね、、管理人さんはわかっているんでしょうが、要所の的確な補強を願います。
Re: タイトルなし
パンさん。
コメントありがとうございます┌(┌^o^)┐

> ポチェに替わりラメラが活躍するのを期待してますよ。
> ラメラとソルダードの金額は期待値なんですからプレッシャーに負けないで欲しい。

前者には大いなる期待をしています。プレミアでのブレイクの予感がプンプン。
後者は不甲斐ない成績に終わりましたが、それでも「さすが!」と思わせるプレーを
何度か見せてくれました。周りとの息が合えさえすれば、15ゴールは余裕だと思っています。
14/15シーズンは、この2名に注目ですね。

> カンビアッソ ロブレン ロドリゲスは来てくれるのですかね、、管理人さんはわかっているんでしょうが、要所の的確な補強を願います。

いえ、誰を獲得するのかは分かりません。

現時点で私が得ている情報を伝えますと・・・
・少なくとも2名のCBを追っている(ロブレン、H・モレーノと予想)
・ある選手の獲得に向けて交渉中(名前は明かされていません)
・ストライカーのターゲットはルカクとボニー
・レミーはちょっと分からん
・スタンダール・リエージュの、バチュアイに興味がありますが、マルセイユ加入が濃厚
・GK獲得候補はノッティンガム・フォレストのダルロウ
・コノプリャンカの動向に注視

これぐらいですかね・・・情報筋からの情報は(´・ω・`)
何か分かればまた伝えますね。


単なるmarket情報の受け売りですが、
CBにアイメリックラポルト ダビデラストリ
MFにアレクサンドルマキシム ジョナサンシュミット
CFにマックスクルーゼ
狙ってるのかな?
やっぱり所属選手名を並べると悪くないように思える
その横に今年の順位を書くと失望しかない

構築はうまい監督だと聞いているので期待です
こんなもんじゃねーだろ
Re: タイトルなし
パンさん。
コメントありがとうございます┌(┌^o^)┐
返信が遅れて申し訳ない・・・

> 単なるmarket情報の受け売りですが、
> CBにアイメリックラポルト ダビデラストリ
> MFにアレクサンドルマキシム ジョナサンシュミット
> CFにマックスクルーゼ
> 狙ってるのかな?

え~っと、残念ながら全員狙っておりません(´・ω・`)
現時点で分かっていることをお伝えしますと・・・
ベン・デイビス 
交渉中

ウィルフリード・ボニー 
ストライカーのメインターゲット(3週間前にスウォンジーと接触)
シグルズソン、シャドリ、他2名が条件に組み込まれる可能性あり

ロイク・レミー
一度は諦めましたが再び浮上

デヤン・ロブレン
本人はスパーズ加入を希望
獲得は難しいとの情報あり
希望はある

ロメウ・ルカク
狙ってましたが、ここ数週間情報なし

マイケル・ドーソン
放出濃厚

アーロン・レノン
プレミア2クラブが興味(クラブ名は明かされてません)
ドーソンと共に、放出リストに記載

情報筋から得ている情報はこれぐらいです。

カンビアッソは、、、分かりません。
メディアではスパーズ移籍間近と報道されてますね。
情報筋からは何も聞いていません。
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます┌(┌^o^)┐
返事が遅くなり申し訳ない。

> やっぱり所属選手名を並べると悪くないように思える
> その横に今年の順位を書くと失望しかない

名前だけ見ると魅力たっぷりですね。
怪我の影響もあり、本来の力を出し切れなかった選手が多すぎましたね。

> 構築はうまい監督だと聞いているので期待です
> こんなもんじゃねーだろ

はい。がちっとハマれば最強ですヾ(@⌒ー⌒@)ノ
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
282位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。