上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tottenham-away_3393493k.jpg
すでにプレミアリーグは開幕しており、スパーズは3分1敗とスタートダッシュに失敗。4試合3ゴールと得点力不足に悩んでいる。守備面はまぁ・・・よくなったかな。まだ4試合だけど、比較的、安心して(今のところ)見てられるかな。
得点力不足というより、決定力の問題だろうか?エバートン戦では5点ぐらい入っていてもおかしくはなかったね。
そんなこんなもあり、移籍市場ではバギーズのサイード・ベラヒノを狙っていたが・・・・・


新加入選手
DFキーラン・トリッピア
DFケビン・ヴィマー
DFトビー・アルデルヴァイレルト
MFデル・アリ(MKドンズからローン・バック)
MFクリントン・エンジエ
MFソン・フンミン

1438795489385_lc_galleryImage_5th_August_2015_Pre_Seaso.jpg31418542,34447510,highRes,imago_sp_0805_20320006_20649335toby_201509061145207c8.jpg
wa6GiTq.jpgClinton-NJie_20150906114519b5c.jpg4660422.jpg
スパーズは今夏の移籍市場で、新たに6名の選手を獲得した。
まず着手したのは、ざる守備の改善。
トリッピアを皮切りに、アルデルヴァイレルト、ヴィマーを獲得した。
トリッピア、ヴィマーはまだデビューはしていないが、アルデルヴァイレルトはレギュラーに君臨。
フェルトンゲンとのコンビもなかなか冴えているとは思うが。

危惧されていたCM/DMの獲得はなかったものの、デル・アリがトップチームでのデビューを飾り、初ゴールを挙げるなど、
戦力して数えられるのは大きいね。彼については即戦力と思っていたので特に驚きはないっす。

スパーズはウィングも穴といえば穴。左にシャドリ、右にラメラが起用されることが多いが、相手にとっては特に恐怖感ていうものがないというか、守りやすいというか・・・
縦突破は期待できないし、それぞれの個性はあると思うんだけど、何か特徴がないんだよね。

そんな中、「特徴のある選手」として獲得したのがクリントン・エンジエとソン・フンミン。
エンジエは発展途上中ながらも、その快足は奥行きをもたらしてくれるだろうし、
リヨンでは7アシストを記録していることもあり、得点に絡むプレーを多く期待したい。

ソン・フンミンはすぐさまレギュラーでもおかしくはないはず。
縦突破に加えてカットインからのミドルあり、得点力ありと、何でもできそうなイメージ。
どんな使われ方をされるか分からないが、期待していいんじゃないかな。
両選手、期待だけで終わらないことを祈る!!!


放出選手
ロベルト・ソルダード  ビジャレアル
パウリーニョ  広州恒大
エティエンヌ・カプー  ワトフォード
ベンジャミン・スタンブリ パリ・サンジェルマン
ブラッド・キリケシュ  ナポリ
ルイス・ホルトビー  ハンブルガーSV
アーロン・レノン  エバートン
ユネス・カブール  サンダーランド
ライアン・フレデリクス  フルアム
デアンドレ・イェドリン  サンダーランド(ローン)
ネイサン・オドゥワ  レンジャーズ(ローン)
イスメイル・アザウィ  ヴォルフスブルク etc......


いや~出したねぇ。大量放出!
余剰戦力の整理も宿題だったので、惜しい選手の放出はあったものの成功かな。
アデバヨールを放出できれば100点だったけどね。

レノンやカブールは、長年スパーズを支えてきただけに非常に残念だが、
全選手に言えることは、新天地でも持てる力を存分に発揮して、新たなキャリアを築いてほしいと思う!


総括
補強に関しては適材適所で戦力アップに成功したと思う。
アルデルヴァイレルトは期待通りの安定感と、彼がいるだけで安心感が出るというか。
フェルトンゲンとのコンビは言わずもがな。(もう少し様子見だね)
トリッピアとヴィマーもカップ戦やELで重要な戦力になってくれるはずだ。

中盤の補強はデル・アリのみだったが、すでに1ゴールを挙げるなど、大器の片鱗を見せている。
ダイアーのコンバートが成功するならば、補強入らずだったかもしれないが、
長いシーズンを見通すと、やっぱりちょっと不安なところもある。
まぁそのへんは、若い力でなんとか乗り切ってもらおうじゃないか!
そんなに甘くはないがね。
ローンで誰かしらを獲得する情報も出ていたがなかったね。

攻撃陣はベラヒノの獲得に失敗。
生粋のストライカーはケインのみと、非常に不安を抱かせる結果となってしまった。
だからこそ、エンジエやソン・フンミンの、複数ポジションを任せられる選手の獲得は大きいと思う。
でもね、痛い目に遭うと思うよ、ここは。
新加入を含め、シャドリやラメラをどう起用していくか、ポチェッティーノの手腕が試されそうだ。

守備陣の補強、特徴のある選手の獲得、ベラヒノ獲得失敗を考えると、
今夏の移籍市場は80点ぐらいかな。
ベラヒノ獲得、アデバヨール放出に成功していれば100点だったけどね。
スポンサーサイト
コメント
でもベラヒノとったらラメラ出すみたいだったしコマ不足は
否めないかも
現場は考えあってのことなんですがね
若手に期待ですな
あー ラメラ出さずにベラヒノとイジャラ欲しかったなぁ
Re: タイトルなし
パンさん。
コメントありがとうございます!(^^)!

> でもベラヒノとったらラメラ出すみたいだったしコマ不足は
> 否めないかも

私が一番恐れていた「ストライカー1人体制」が実現してしまいました。
ソン・フンミンやエンジエが要るといっても、
やはり生粋のストライカーは必要ですな。

> 現場は考えあってのことなんですがね
> 若手に期待ですな

若手にストライカーいたっけなぁ・・・
ハリソンがいるね!!!

中盤も何気に危機的状況ですね。
エリクセン含め、メイソン、ベンタレブ、デンベレが次々と離脱・・・
これから過密日程に突入すというのに( *´艸`)
キャロルやウィンクスの奮起、というか、こういう状況でチャンスをモノにしてほしいですね!
コメントの投稿
Contributor
Comment
トラックバック URL
URL
このエントリーの固定リンク
トラックバック
プロフィール

Spurs521

Author:Spurs521
トッテナム中心のブログです。マッチレポでは、管理人の率直な意見で優しさを交えながらも厳しく評価していきます。他、スパーズの移籍情報や、チャンピオンシップのネタなどを書いていきます。

フリーエリア
プレミアリーグ
チャンピオンシップ
People
リンク
最新記事
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サッカー
282位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
blogram投票ボタン
フリーエリア
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。